ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てに引っ越しするならどの季節が正解?引っ越し時期を見極めるポイント

一戸建てに引っ越しするならどの季節が正解?引っ越し時期を見極めるポイント

≪ 前へ|マイホームを手に入れよう!中古住宅を購入する際の注意点!   記事一覧   新築一戸建てへの引っ越し準備、いつ何をする?|次へ ≫

一戸建てに引っ越しするならどの季節が正解?引っ越し時期を見極めるポイント

「引っ越しするならお得に引っ越しをしたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
引っ越しのシーズンを理解すると、引っ越しをするべき季節や時期が見えてきますよ。
今回は、引っ越しと季節の関係性についてご説明します。

□引っ越しの繁忙期・閑散期とは
4月からの新生活に間に合うように、3月に引っ越しを行うことがとても多いです。
そのため、3月・4月は引っ越しの繁忙期と言えます。
それ以外では、目立って引っ越しが集中する時期はありません。
しかし、8月や10月は人事異動の関係で、少し引っ越しが増える傾向にあります。
そのことを考慮すると、6月・9月と11月から1月の間が引っ越しの閑散期と言えます。

□繁忙期に引っ越しをするメリット・デメリット

*メリット
次の住まいへ移るためには、今住んでいる場所を引き払う必要があります。
そのため、繁忙期は他の時期に比べて、たくさんの空き物件が出回っている状態になります。
繁忙期に引っ越しすることを考えて部屋探しをすると、他の時期には空室にならないような優良物件を手に入れることができるかもしれませんよ。

*デメリット
引っ越しの繁忙期は、引っ越し業者がとても忙しくなる時期です。
3月や4月に引っ越し業者を探したら、どこの業者も予約でいっぱいだった、ということもあります。
また、引っ越し業者の需要の高まりによって、引っ越し費用が高くなってしまうことが考えられます。

□閑散期に引っ越しをするメリット・デメリット
*メリット
繁忙期とは反対に、閑散期の引っ越し業者はどこも余裕があります。
そのため、日程の予約は取りやすく、引っ越し費用が高くなることもないでしょう。
また、他の人に物件を取られてしまう可能性も低いので、ゆっくりと物件を吟味することができます。

*デメリット
閑散期に人気の物件の空きが出ることは、めったにありません。
さらに全体的な物件の数も少なく、あなたにぴったりの物件に出会える確率は低くなることでしょう。
また、新築物件は繁忙期に向けて建設されるので、「新しい家に住みたい」などと考えている方が閑散期に部屋探しをすると、お好みの物件を見つけられないかもしれません。

□まとめ
今回は、引っ越しと季節の関係性についてご説明しました。
引っ越しには繁忙期と閑散期があり、どちらの時期に引っ越しを行ってもメリットやデメリットがあります。
新しい物件や人気のある物件に入居したい方は2月から4月にかけての繁忙期に引っ越しするのがおすすめで、価格や日程などにおいて希望が通りやすいことを重視する方には繁忙期以外の季節がおすすめです。
≪ 前へ|マイホームを手に入れよう!中古住宅を購入する際の注意点!   記事一覧   新築一戸建てへの引っ越し準備、いつ何をする?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る