ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時にはどのような諸費用がかかるのか?徹底解説します!

不動産購入時にはどのような諸費用がかかるのか?徹底解説します!

≪ 前へ|新築一戸建てへの引っ越し準備、いつ何をする?   記事一覧   住宅ローンの借入額はどのくらい?年収別にご紹介します!|次へ ≫

不動産購入時にはどのような諸費用がかかるのか?徹底解説します!

不動産の購入は、人生の中でも特に大きな買い物です。
そのため、
「土地や住宅などの不動産を購入しようと考えているけれど、どのような費用がかかるのだろう」
このような疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか?

今回はそのような疑問を解決するため、不動産購入時にかかる諸費用について、3つの段階に分けて徹底解説します。

□売買契約時にかかる諸費用
不動産の売買契約を結ぶ際には、諸費用として主に以下の2つの費用がかかります。
それぞれ、購入金額の大きさによって金額が異なるので、事前の確認が必要です。

*仲介手数料
不動産会社に仲介してもらって購入をする際には、仲介手数料を不動産会社に払わなくてはなりません。

*印紙税
物件の「売買契約書」に貼る印紙の代金で、税金です。

□住宅ローンを借りる際にかかる諸費用
住宅を購入するほとんどの方が、住宅ローンを借り入れることになります。
金額については、金融機関やプランごとに異なるため、事前に確認してからローンを組むことが重要です。

*ローン保証料
借り入れするために保証会社に保証してもらう必要がある場合に、保証会社に払うお金です。
金融機関によっては無料なところもあります。

*事務手数料
ローンを利用する際に金融機関に支払うお金です。

*印紙税
住宅ローン借りる際の「金銭消費賃貸契約書」に貼る印紙の代金で、税金です。

*各種保険料
火災保険や地震保険、さらには団体信用生命保険料など、不動産購入時にはいくつかの保険に加入します。
特に団体信用生命保険料については、ローンを返済する前に契約者が死亡したり、重度の病気になったりして返済ができなくなった際に適用される非常に重要な保険であるため、加入の有無を事前に確認しておきましょう。

□入居後にかかる諸費用
不動産購入の契約を結んだ後にも諸費用はかかります。

*不動産取得税
土地や建物といった不動産を取得した場合に課される税金です。

*固定資産税、都市計画税
不動産を所有している人に課される税金です。
不動産取得税と異なり、毎年支払う必要があります。

□まとめ
以上、不動産購入時にかかる諸費用について解説しました。

不動産購入に際しては、これら以外にも、登記手続きの際に必要となる登録免許税などの費用がかかり、一般の方がこれらすべてを自力で把握することは容易ではありません。
不動産購入を検討している方はぜひ一度、費用面の疑問も含め、信頼できる業者に相談してみてはいかがでしょうか?
≪ 前へ|新築一戸建てへの引っ越し準備、いつ何をする?   記事一覧   住宅ローンの借入額はどのくらい?年収別にご紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る