ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの借入額はどのくらい?年収別にご紹介します!

住宅ローンの借入額はどのくらい?年収別にご紹介します!

≪ 前へ|不動産購入時にはどのような諸費用がかかるのか?徹底解説します!   記事一覧   新築住宅vs中古住宅|それぞれのメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

住宅ローンの借入額はどのくらい?年収別にご紹介します!

住宅を購入する際に、お金に余裕があるからと、キャッシュで一括支払いするような方は現在では滅多にいませんよね。
「住宅を購入したいけれど、住宅ローンの借入額の上限がわからない」
このような悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、住宅ローンの借入額について、年収別にご紹介します。

□住宅ローンの借入額の上限はどのくらい?
住宅ローンを組む際の借入額の上限は、ローンを組む人の年収に加え、職種や家族構成、借金の有無などによって異なります。
ここでは年収に焦点を当て、年収ごと(300万円、400万円、500万円、600万円、700万円)の借入額の上限についてご紹介します。
(※住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して扱っている住宅ローン「フラット35」では、借入可能額をシミュレーションできるサイトが提供されており、今回はその情報を参考にしてご紹介します。)

*年収300万円の場合
年収が300万円、融資金利が1.390%(全期間固定)、返済期間が35年、返済方法が元利均等とすると、借入額の上限は概算で2,493万円です。

*年収400万円の場合
年収以外の条件を全て上記と同じとすると、借入額の上限は3,878万円です。

*年収500万円の場合
同様に、借入額の上限は4,847万円です。

*年収600万円の場合
同様に、借入額の上限は5,817万円です。

*年収700万円の場合
同様に、借入額の上限は6,786万円です。

ただし、先述の通り、借入額の上限は年収だけでなく、その他様々な条件によって異なるため、あくまでも上記の数字は目安として捉えてください。

□「借り入れできる=返済できる」ではない
上記では年収ごとの借入額の上限についてご紹介しました。
しかし、ローンを借りる際には、「借り入れできる金額」が必ずしも「返済できる金額」であるとは限らないことに注意しなくてはなりません。
将来的に常に安定した収入を得られるとは限らない上に、もしかすると予想外の支出があるかもしれません。
ただ借入額の上限を設定するのではなく、そのようなリスクを考慮した上で余裕のある借入額を設定することが重要です。

□ローンを組む際に考慮すべきこととは?
ここで、ローンを組む際に考慮すべきことを具体的にご紹介します。

*子どもの進学について
子どもがいる方は、子どもがこの先どのような学校に進学して、授業料等はどのくらいかかるのかを把握しなければなりません。
私立の学校に進学する場合、どうしてもかかるお金は高くなってしまいます。
子どもの進学のタイミングや意思を確認した上で借入額を決定することが重要です。

*親の介護の必要性について
親が高齢になると、誰かが介護しなくてはなりません。
施設などに介護を依頼する場合は、そのお金が必要になりますし、自身で介護する場合は、仕事を辞める必要が出てくる可能性もあります。
親の介護について兄弟と話し合うなどしてしっかりと見通しをつけておいた上で、借入額を決めると安心です。

*自身の健康状態について
自身が病気や重い障害等で働くことができなくなった場合、住宅ローンの返済は非常に厳しくなります。
そのような場合に住宅ローンの返済が免除される団体信用生命保険という保険があります。
住宅ローンを組む際には、保険加入の有無も含め、自身の健康状態に関するリスクを考慮することが大切です。

□まとめ
今回は住宅ローンの借入額について、年収ごとの上限をご紹介しました。

住宅を購入するほとんどの方にとって、住宅ローンについて考えることは避けては通れません。
住宅購入を検討している方は、住宅を購入した後も将来にわたって幸せな生活が送られるよう、上記の内容を参考にしてみてください。
≪ 前へ|不動産購入時にはどのような諸費用がかかるのか?徹底解説します!   記事一覧   新築住宅vs中古住宅|それぞれのメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る