ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売買の重要キーワード!仲介手数料とは!

不動産売買の重要キーワード!仲介手数料とは!

≪ 前へ|駐車場付きの一戸建てに住む際の注意点3選!詳しくご紹介します   記事一覧   一戸建てを購入したい方必見|住宅ローン手続きのいろは|次へ ≫

不動産売買の重要キーワード!仲介手数料とは!

「仲介手数料って何?」
このように疑問に思っている方はいらっしゃいませんか?
不動産の売買を行う際に、必ずと言って良いほど耳にするのが「仲介手数料」という言葉です。
しかし、不動産売買を初めて行う方の中は、仲介手数料について詳しく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は、不動産の仲介手数料についてご紹介します。

□不動産の仲介手数料とは?
「もう住まなくなった家を売りたい!」
「新しく暮らすための家を買いたい!」
この双方の要望を叶えているのが、不動産会社です。
不動産会社は、家を売りたい人と家を買いたい人の間に立って、仲介をしてくれているのです。
その仕事に対する対価として、不動産の売り手や買い手が仲介手数料を支払います。
つまり、不動産会社の収入源となっているのは仲介手数料なのです。
仲介手数料は不動産会社への報酬金とも言い換えることができるのではないでしょうか?

□仲介手数料を支払うタイミング
仲介手数料を支払うタイミングは不動産会社によって様々です。
一般的には、売買契約が成立した時、そして不動産の引き渡しを行う時に半額ずつ支払うことが多いです。

□仲介手数料の上限金額
仲介手数料には上限金額があります。
この金額は宅地建物取引法という法律で定められており、不動産会社によって異なることはありません。
不動産の売買価格が200万円以下の場合、仲介手数料の上限金額は売買価格の5%以内となっています。
200万円から400万円の間だと、売買価格の4%以内です。
400万円を超えると、売買価格の3%に6万円を加えた金額が仲介手数料の上限金額となります。
仲介手数料は不動産会社への報酬金です。
上記で算出できる上限金額に消費税がかかってくるので、注意しましょう。
また、上記で紹介した計算方法はあくまでも上限金額を導き出すものです。
上限金額よりも手数料が安かったり、手数料がかからない仲介業者も存在します。
不動産を売却する場合には仲介手数料が必要としている業者でも、不動産を購入する人には仲介手数料無料としていることもあります。
手数料が安ければ安いほど良いというわけでもありませんが、いろいろな不動産会社があるので、自分に一番合っている仲介業者を見つけてみてくださいね。

□まとめ
今回は、不動産の仲介手数料についてご紹介しました。
あらかじめ仲介手数料の上限金額を算出しておくと、安心して不動産の売買ができますよね。
今回ご紹介した算出方法を参考に、売買を予定している不動産の上限金額を確認しておきましょう。
≪ 前へ|駐車場付きの一戸建てに住む際の注意点3選!詳しくご紹介します   記事一覧   一戸建てを購入したい方必見|住宅ローン手続きのいろは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る