ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > マイホームを手に入れよう!中古住宅を購入する際の注意点!

マイホームを手に入れよう!中古住宅を購入する際の注意点!

記事一覧   一戸建てに引っ越しするならどの季節が正解?引っ越し時期を見極めるポイント|次へ ≫

マイホームを手に入れよう!中古住宅を購入する際の注意点!

「そろそろマイホームを買いたいけれど、予算のことを考えると新築は厳しいかな」
このようにお考えではないでしょうか?
予算の関係で新築購入が難しい方におすすめなのが、中古住宅のリフォームです。
新築よりも予算を抑えて、きれいなマイホームを手に入れることができるのです。
中古住宅をリフォームするためには、まずは中古の物件を購入する必要があります。
そこで今回は、中古住宅を購入するにあたって注意しておくべきポイントを紹介します。

□物件選びの際に確認しておきたいポイント
*物件の立地
比較的最近に建てられた住宅でも、安く売りだされている中古物件がありますよね。
そのような物件を見つけても安易に飛びつかないで、どうして安く売られているのかをきちんと確認してみましょう。
日当たりの問題や敷地境界の問題がある物件かもしれません。

*建物の構造
古い住宅は耐震性に不安があると思われがちですが、実際は築年数で建物の頑丈さは図れないのです。
建物の構造に不備がないかどうかを専門家に見てもらって初めて建物の頑丈さが分かるのです。
築年数が浅くても、安心しきらずに構造を診断してもらいましょう。

□資金計画の際の注意点
中古物件の手続きを行うときは、新築物件のように物件の値段だけを考えてはいけません。
何も手を加えずに住むことができる中古物件は少ないのです。
物件費用だけではなく、物件の購入後に行うリフォームにかかる費用、不動産会社に支払う仲介手数料、ローンを組むのならばその手数料なども必要になります。
それらすべての費用を合わせて、新築の物件を購入する場合に比べてどれくらい費用を抑えられるのかを把握しておきましょう。
もしかしたら、新築の方が安い価格で購入できるかもしれません。
手続きを行う前に資金計画を慎重に行うことが大切なのです。

□リフォームを行うべき場所
購入する中古物件の目星がついたら、どのようなリフォームを行いたいかを考えてみましょう。

*水回り
一番リフォームを行う方が多いのが、水回りです。
水回りは毎日使用する場所なので、最新設備を導入することで生活の質が大きく向上するでしょう。
昔ながらのタイル張りのお風呂からユニットバスにリフォームしたり、最新式のトイレにリフォームするのが人気です。

*和室を洋室に変える
築年数が経っている住宅は、全室和室であることが多いです。
それを、今風の洋室にリフォームすることも人気があります。
外観は和風の家でも、中は洋室にリフォームしているという場合が多いです。

□まとめ
今回は、中古住宅を購入するにあたって注意しておくべきポイントをご紹介しました。
注意点に気を付けて中古住宅を購入し、リフォーム・リノベーションを行ってみてはいかがでしょうか。
新築よりも予算を抑えながら、住みやすくてきれいなマイホームを手に入れることができますよ。
記事一覧   一戸建てに引っ越しするならどの季節が正解?引っ越し時期を見極めるポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る