ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市にお住みの方必見!中古住宅における事故物件の事例とは?

福井市にお住みの方必見!中古住宅における事故物件の事例とは?

≪ 前へ|土地売却の相場はいくら!?具体的な相場の出し方をご紹介   記事一覧   中古住宅の探し方やコツは!?詳しくご説明します。|次へ ≫

福井市にお住みの方必見!中古住宅における事故物件の事例とは?

「中古住宅の場合だと、事故物件もありそうだから選びにくい。」
「事故物件ってどのようなものがあるのか気になる。」
このようなお悩みをお持ちの方は、たくさんいるのではないでしょうか。

実際に、ご自身がお住みになる物件の場合、なるべく事故物件は避けたいですよね。
そこで今回は、事故物件の見極め方や事例をご紹介いたします。



□事故物件とは?

事故物件とは、殺人事件や死亡事故が過去に起こったことのある物件のことです。
病死などの自然死による場合は、事故物件には含まれません。



□事故物件の事例

実際に、事故物件にはどのような事例があるのか解説いたします。
事故物件には、2種類あります。
まずは、上記にあるような心理的に嫌悪感を抱く事故物件です。
そしてもう一つは、物理的な原因のある事故物件です。

*心理的嫌悪感によるもの

死亡事故や殺人事件以外にも、心理的に嫌悪感を抱く物件にも告知義務が発生します。
過去の事例としては、お墓が住宅の近隣に存在する物件や火災・水害事故があった物件がありました。
長年快適に暮らしていくためには、やはりリラックスできる空間が重要になりますよね。
心から落ち着ける場所を見つけるためには、業者の方と相談しながら決めていきましょう。

*物理的な原因によるもの

事故物件と聞くと、心理的な要素だけで事故物件に該当するイメージがあるかと思いますが、実はそれだけではありません。
建物自体の欠陥や立地条件も事故物件の要素に含まれます。
過去の事例としては、雨漏りやシロアリ被害がある住宅、極端に立地条件が悪い場合などがありました。
物理的に悪条件の物件は、生活に不自由が出るだけでなく、最悪の場合、耐震性の欠如による災害事故を起こしかねないです。
心配な方は、必ず業者の方に確認し、実際に住宅内や住宅周辺の様子をチェックしましょう。



□事故物件を避けるのは?

事故物件を避けるためには、やはり見極め方が非常に重要となります。
事故物件は告知義務が存在するため、不動産の方に聞くことがもっとも早く知る方法となります。

また、物件の中でも、他の住宅より明らかに価格が安い場合、建物内の一部だけが妙に新しい場合も要注意です。
少しでも不自然に感じたことがあった際には、必ず業者の方に相談しましょう。



□まとめ

今回は、事故物件の見極め方や事例をご紹介いたしました。

事故物件は、価格的には好条件の場合が多いですが、後々のことを考えると安易な入居はおすすめできません。

また当社は、福井市の優良な土地、中古住宅をお客様に提供いたします。
上記にある内容以外で何かご相談がございましたら、気軽に当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|土地売却の相場はいくら!?具体的な相場の出し方をご紹介   記事一覧   中古住宅の探し方やコツは!?詳しくご説明します。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る