ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市にお住みの方必見!中古住宅における外壁の注意点とは?

福井市にお住みの方必見!中古住宅における外壁の注意点とは?

≪ 前へ|福井市のお住みの方必見!中古住宅と新築を徹底比較します   記事一覧   福井市にお住みの方必見!一戸建てにおける電気代の削減方法とは?|次へ ≫

福井市にお住みの方必見!中古住宅における外壁の注意点とは?

「中古住宅の購入を検討している。」
「中古住宅の外壁は、どのような注意点あるのか。」
このようなお悩みをお持ちの方は、たくさんいるのではないでしょうか。

中古住宅を購入する際には、外壁塗装の状態を確認してから購入するべきです。

今回の記事では、中古住宅の外壁における注意点について解説いたします。



□まず初めにするべきことは?

中古住宅の購入を検討されている方は、まずその物件ごとに外壁塗装が施されているかをチェックしましょう。
一戸建ては、立て始めた時から劣化が始まっているため、建物の寿命を伸ばすためにもメンテナンスが必要不可欠です。



□具体的な注意点は?

ここでは、外壁塗装には具体的に、どのような注意点があるのかご紹介いたします。

*何の塗料で外壁塗装がされているか

外壁塗装には多くの種類が存在します。
そしてそれぞれの塗料によって品質や耐用年数が異なります。

具体的には、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などがあります。
どの塗料で塗装されているかによって、いつ頃に塗り替えすべきか異なります。


*いつ、誰が、どのような理由で外壁塗装を行ったのか

外壁塗装が以前に施された形跡がある中古住宅は、いつ頃に外壁塗装をされたのかを確認しておきましょう。

また、誰がどういった経緯で外壁塗装を行なったかを把握することも、かなり重要です。
例えば、築10年で外壁塗装をしたのか、築20年で外壁塗装したのかでは建物の状態が非常に異なります。
また、素人が塗ったのか、専門の方が塗ったのかでもやはり状態は異なるため、購入する前に確認しておくことをおすすめします。


*築20年以上の場合、何回塗装が行われているか

外壁塗装の場合、10年毎に1回行うことが多いです。
したがって築20年前後の場合は2回行われているのが理想的ですが、中には1回だけの住宅もあります。

1回だけの外壁塗装の場合、住宅の劣化が建築内にかなり影響します。

築20年ほどの中古住宅の外壁塗装は注意すべきことが多く、どれくらいメンテナンスが行われたか事前に把握しておきましょう。



□まとめ

今回の記事では、中古住宅の外壁における注意点について解説いたしました。
上記にある注意点以外にも、気をつけるべきことはありますので、ぜひチェックしてみてください。

また当社は、福井市の優良な土地、中古住宅をお客様に提供いたします。
福井市の中古住宅に興味がある方は、ぜひ一度お気軽にお問い合わせくださいね。
≪ 前へ|福井市のお住みの方必見!中古住宅と新築を徹底比較します   記事一覧   福井市にお住みの方必見!一戸建てにおける電気代の削減方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る