ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井の業者が解説!中古住宅をリフォームする長所とは!?

福井の業者が解説!中古住宅をリフォームする長所とは!?

≪ 前へ|福井の方必見!一戸建ての電気代や電気の使用量は?   記事一覧   福井の方必見!中古住宅のリフォームの費用やその見積もり方とは!?|次へ ≫

福井の業者が解説!中古住宅をリフォームする長所とは!?

「新築にするか中古住宅にするか迷っている」
「中古住宅をリフォームする長所って何?」
「中古住宅って最終的にリフォーム代で高くなりそう」
と思う方はいるのではないでしょうか。
「せっかく購入するからには新築がいい!」という方も多いでしょう。
しかし、現在は新築を立てる土地が少ない、土地があっても高いなどの問題があります。
そのため、立地条件も良く、新築のような住宅を手に入れられる、中古住宅をリフォームするという方法を選ぶ方が増えています。
そこで、中古住宅をリフォームする長所を紹介します。

□中古住宅をリフォームする長所

*新築より安く手に入る
中古住宅は新築よりも安く手に入れることができます。
住宅の価値は築年数が15年までは大幅に下がり、それ以降は緩やかになります。
また、中古住宅は売り手と買い手で値段交渉ができるため、さらに安くなる場合もあります。
そのため、想定していたよりも安い価格で中古住宅を購入できるかもしれません。
すると、リフォームに十分お金をかけることができます。

*様々な物件から選べる
「人気なエリアに住みたい!」「ずっと地元に住みたい!」という方もいるでしょう。
しかし、新築を場合は建てる土地がなく、その地域に住めないこともあります。
中古住宅の場合は、すでに建っている物件から選ぶため、新築を建てるような心配はいりません。
そのため、中古住宅は新築より圧倒的に選択肢が多いと言えます。

*自分の好みにできる
「中古住宅は間取りが古いから嫌だ」という方もいるでしょう。
しかし、中古住宅はデザインや仕様を自分の好みに変更できます。
リフォーム代を安く抑えたい方は既存のものを残すことで、コストダウンできます。

*補助金が出る
築年数が30年を越えると、断熱性が低い住宅があります。
そのため、築年数が30年を越える中古住宅を購入する場合は、断熱性を高めるリフォームをする方が多いでしょう。
そのとき、国からの補助金が出る場合があります。
しかし、補助金を受け取るためには、申請条件を満たす必要があります。
申請条件は補助金の種類によって異なるため、自分が受け取りたい補助金について調べましょう。

□まとめ

以上、中古住宅をリフォームする長所を紹介しました。
この記事を参考に、中古住宅を購入して、リフォームしてみてはいかがですか。
また、「福井で土地を探している!」
「中古住宅探しを手伝ってほしい!」という方は当社までお問い合わせください。
不動産は専門的な知識、法律、税金が関係しています。
そのため、当社が不動産のプロとして、お客様に寄り添ってお手伝いさせていただきます。
≪ 前へ|福井の方必見!一戸建ての電気代や電気の使用量は?   記事一覧   福井の方必見!中古住宅のリフォームの費用やその見積もり方とは!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る