ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井の方必見!中古住宅のリフォームの費用やその見積もり方とは!?

福井の方必見!中古住宅のリフォームの費用やその見積もり方とは!?

≪ 前へ|福井の業者が解説!中古住宅をリフォームする長所とは!?   記事一覧   福井の方必見!一戸建ての配管リフォームの時期やその費用とは!?|次へ ≫

福井の方必見!中古住宅のリフォームの費用やその見積もり方とは!?

「中古住宅を購入してリフォームを考えている」
「リフォームの相場を把握しておきたい」
「築年数によって、変わってくるの?」
このように思う方はいるのではないでしょうか。
新築は費用が高いというデメリットがあります。
そのため、中古住宅を購入してリフォームする方が、お得になるかもしれません。
しかし、リフォームに必要な費用を把握できないと、本当にお得になるかわかりませんよね。
そこで、中古住宅のリフォームに必要な費用やその見積もり方を紹介します。

□築年数別の費用

中古住宅は築年数が長くなるほど安くなります。
しかし、築年数に比例して、リフォームの代金が高くなります。
そのため、リフォームに必要な費用は築年数で判断すると良いでしょう。

*築年数10年
築年数が10年ほどだと、まだまだ全体的に綺麗だと思います。
そのため、あまりリフォームする箇所もなく、費用も70~130万円ほどで済みます。

*築年数20年
築年数が20年になると、ちょうど水回りや外壁など全てものの耐用年数が過ぎてしまいます。
そのため、キッチンや洗面台の交換、クロスの張り替え、外壁の塗り替えなど様々なことをする必要があります。
その分、費用も高くなり、300~500万円ほどかかります。

*築年数30年
築年数が30年になると、内装がボロボロになる、または配管などが劣化している場合があります。
そのため、内装をスケルトンリフォームする必要があります。
スケルトンリフォームとは、全て解体して、基礎や柱の状態にし、最初から作り直すことです。
スケルトンリフォームは、間取りを自由に変更できるメリットがあります。
しかし、費用が高いデメリットがあるため、注意が必要です。
全て合わせると、費用は800~1400万円ほどかかります。

*築年数40年以上
築年数が40年になると、1981年に改正された「新耐震基準」で建てられていないため、大きな地震が来ると倒壊の恐れがあります。
また、断熱性が低い住宅が多くあり、夏は暑く、冬は寒くなります。
そのため、内装と外装ともにスケルトンリフォームする必要があります。
その費用は1300~1800万円ほどかかります。

□まとめ

以上、中古住宅のリフォームに必要な費用やその見積もり方を紹介しました。
この記事を参考に、自分が購入を検討している中古住宅のリフォームに必要な費用を見積もってみてはいかがですか。
また、「どんな物件があるのか見てみたい!」「中古住宅探しを手伝ってほしい!」という方は当社までお問い合わせください。
不動産は専門的な知識、法律、税金が関わります。
そのため、当社が不動産のプロとして、お客様に寄り添ってお手伝いさせていただきます。
≪ 前へ|福井の業者が解説!中古住宅をリフォームする長所とは!?   記事一覧   福井の方必見!一戸建ての配管リフォームの時期やその費用とは!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る