ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井に住んでいる方必見!一戸建てのリビングの例や注意点とは!?

福井に住んでいる方必見!一戸建てのリビングの例や注意点とは!?

≪ 前へ|一戸建ての資産価値について福井の業者が解説!   記事一覧   福井の一戸建てを検討している方へ!おすすめの部屋数や間取りは?|次へ ≫

福井に住んでいる方必見!一戸建てのリビングの例や注意点とは!?

「リビングのレイアウトを考えている!」
「リビングの構想で失敗したくない」
「リビングでの注意点って何?」
と思う方はいるのではないでしょうか。
リビングは生活する上で、1番重要になる場所です。
そのため、リビングの構想に力を入れる方は多いと思います。
しかし、リビングの例や注意点がわかっていないと、失敗するかもしれません。
そこで、一戸建てのリビングの例や注意点を紹介します。

□リビングのレイアウトの例
*縦長のリビング
縦長のリビングとは、窓やバルコニー側にリビングと洋室や和室などが面しており、その奥にキッチンがあるタイプです。
レイアウトを自由に組みやすいことが特徴です。
また、縦長のリビングのメリットは2つあります。
1つ目は、壁の面積が広く、家具が配置しやすいことです。
2つ目は、リビングと洋室、リビングと和室を一体化させることもでき、自由度が高いことです。
反対に、縦長のリビングのデメリットも2つあります。
1つ目はキッチンに日光が届きにくいことです。
2つ目はリビングとキッチンの境目がはっきりしないことです。

*横長のリビング
横長のリビングとは、窓やバルコニー側にリビングとキッチンが横並びになっているタイプです。
窓やバルコニーに面している面積が大きいため、開放感があることが特徴です。
また、横長のリビングのメリットは2つあります。
1つ目はキッチンに日光が届きやすいことです。
2つ目は上記の通り、リビングやキッチンが窓やバルコニー側にあるため、開放感があることです。
反対に、横長のリビングのデメリットも2つあります。
1つ目は、壁の面積が狭いため、家具が配置しにくいことです。
2つ目は、背が高い家具が使いにくく、収納が少なくなることです。

□リビングの注意点
*リラックスする空間と食事の空間が同じになる
最近の一戸建てはLDK(リビングダイニングキッチン)になっていることが多いです。
そのため、リラックスする空間と食事の空間が同じになることがあります。
その場合はラグやジュータンを敷く、家具のトーンを変えることで空間を用途別に分けましょう。

*リビングの広さ
リビングの広さは広すぎても、狭すぎてもいけません。
広すぎると、エアコンの効きが悪い、移動が面倒などの問題があります。
また、狭すぎると、テレビとの距離が近い、部屋が窮屈などの問題があります。
そのため、家族構成などを考えて、広さを決めましょう。

□まとめ
以上、一戸建てのリビングの例や注意点を紹介しました。
この記事を参考に、一戸建てのリビングの構想を練り直してみてはいかがですか。
「福井で土地を探している!」「中古住宅探しを手伝ってほしい!」という方は当社までお問い合わせください。
不動産は専門的な知識、法律、税金が関わります。
そのため、当社が不動産のプロとして、お客様に寄り添ってお手伝いさせていただきます。
≪ 前へ|一戸建ての資産価値について福井の業者が解説!   記事一覧   福井の一戸建てを検討している方へ!おすすめの部屋数や間取りは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る