ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井の方必見へ!一戸建てでグランドピアノを置くための対策とは!?

福井の方必見へ!一戸建てでグランドピアノを置くための対策とは!?

≪ 前へ|福井の方必見!中古住宅をリフォームするときの業者の選び方とは!?   記事一覧   福井の方必見!中古住宅をリフォームするときに利用できるローンは!?|次へ ≫

福井の方必見へ!一戸建てでグランドピアノを置くための対策とは!?

「家にグランドピアノを置きたい!」
「家で演奏したいけど、苦情がこないか心配だ」
「防音対策の方法を教えて欲しい」
と思う方はいるのではないでしょうか。
家でグランドピアノを演奏することで心配なことは、近隣住民からの苦情でしょう。
そのため、何か防音対策をする必要があります。
しかし、急に防音対策と言われても、わからない方が多いでしょう。
そこで、一戸建て住宅でグランドピアノを置くための防音対策を紹介します。

□グランドピアノとは
グランドピアノは天然ならではの音を奏でることができます。
しかし、電子ピアノと違い、ヘッドホンやイヤホンで消音にできないことがデメリットです。
そのため、家で演奏するには、防音対策をする必要があります。

□グランドピアノを置くための防音対策
*窓を二重にする
音が漏れやすい場所として、窓があります。
そのため、防音対策で1番効果的なことは窓を作らないことです。
しかし、生活する上で、そのようなことはできないですよね。
そこで、窓を二重にすることによって、防音対策ができます。
また、窓を二重にするときに、10cm以上の隙間を作りましょう。
すると、壁と同じぐらいの防音を期待できます。
「窓を二重にすると、開けられなくなる」と心配する方もいるでしょう。
しかし、窓は二重にしても開けることができます。
そのため、心配する必要はありません。

*換気口を塞ぐ
防音対策をする上で意外と忘れがちな場所が換気口です。
換気口は外へ音が出ていくまでに障害が少ないため、音がダイレクトに出ていきます。
そのため、防音にするためには、換気口を塞ぐ必要があります。
しかし、「換気扇を回したいときもある!」という方もいるでしょう。
その方は通気口の部分に「防音チャンパー」というものをつけることをおすすめします。
これをつけるだけでも、かなりの防音対策ができます。

*部屋に吸音材を置く
防音対策として、もう1つ有効なことは吸音材を置くことです。
吸音材とは、空気中に伝わる音波の振動を熱エネルギーに変えてくれるものです。
有名なYouTuberの方も使っており、置くだけで防音対策ができます。

□まとめ
以上、一戸建て住宅でグランドピアノを置くための防音対策を紹介しました。
この記事を参考に、グランドピアノを置く準備をしてみてはいかがですか。
また、「福井で土地を探している!」
「中古住宅探しを手伝ってほしい!」という方は当社までお問い合わせください。
不動産は専門的な知識、法律、税金が関わります。
そのため、当社が不動産のプロとして、お客様に寄り添ってお手伝いさせていただきます。
≪ 前へ|福井の方必見!中古住宅をリフォームするときの業者の選び方とは!?   記事一覧   福井の方必見!中古住宅をリフォームするときに利用できるローンは!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る