ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 新築と中古でお悩みの方へ|福井の不動産会社が新築と中古を徹底比較します!

新築と中古でお悩みの方へ|福井の不動産会社が新築と中古を徹底比較します!

≪ 前へ|福井にお住いの方へ|一戸建てとマンションの比較を紹介します!   記事一覧   福井にお住いの方へ|一戸建ての引っ越し準備について解説します!|次へ ≫

新築と中古でお悩みの方へ|福井の不動産会社が新築と中古を徹底比較します!

「新築に住むか中古に住むか迷っている」
「新築と中古どちらに住むのがいいかわからない」
住まいをお探しの方は新築と中古どちらにしようか迷うケースが多いかと思います。
これらにはそれぞれ良いところと悪いところがあります。
それを比較検討して決めるのがおすすめです。
そこで、今回は新築と中古の比較をしていきます。


□新築のメリット

*新しい
新築のメリットは当たり前のことですが、新しいということです。
床も天井も壁も、設備も全て新品です。
もちろん、新品なのは最初だけですが、自分しか住んだことがないという状態を味わうことができます。
設備が新品ということは、最新の機能を備えていることが多いです。
設備を選ぶのは売主側になるので、必ずしも最新機能を備えているとは限りません。
ただ、ケースによってはオプションでアップデートもできます。

*初期費用が安い
新築の場合は、一般的には初期費用が安く済むと言われています。
特に新築の分譲マンションでは仲介業者が入らず、仲介手数料がかかりません。
手数料を払わなくて済むことは嬉しいですが、注意点も存在します。
仲介業者が入らないということは不動産のプロと素人である買主が直接交渉するということです。
情報格差が大きく仲介業者によって物件の検証がされないというリスクがあります。
目先の利益にとらわれず、しっかりと検討して購入しましょう。


□中古のメリット

*購入金額の安さ
中古住宅のメリットは購入金額の安さです。
かなり費用を抑えることができるので、理想とする家以上のものを手に入れることもできます。
そのため、新築では手の届かないような家が手に入る可能性があります。
築年数が浅く、ほとんど人が住んでいないような中古物件であれば、新築と変わらない物件もあります。

*空き家対策で購入しやすい
日本では、空き家率が問題になっています。
空き家率とは、文字通り誰も住んでいない住宅の割合のことです。
現在、日本ではこの空き家率は20%以上とされており、600〜700万戸の空き家があるとされています。
空き家は老朽化が早いため、所有者はなるべく誰かに住んでもらいたいと思っています。
また、空家法が施行され、空き家に認定されると固定資産税が今までの6倍になります。
こうした事情から空き家を手放そうとする人が増えています。
そのため、中古物件に住むのは今がチャンスと言えるでしょう。


□まとめ
今回は新築と中古の比較をしました。
新築と中古でお悩みの方も多いと思います。
新築と中古の比較検討をして、どちらに住むのか決めましょう。
今回の記事を参考に比較検討を行ってみてください。
≪ 前へ|福井にお住いの方へ|一戸建てとマンションの比較を紹介します!   記事一覧   福井にお住いの方へ|一戸建ての引っ越し準備について解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る