ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 【土地の購入をお考えの方】登記について一挙ご紹介

【土地の購入をお考えの方】登記について一挙ご紹介

≪ 前へ|土地の購入ってローン組めるの?ローンについてご紹介します!   記事一覧   土地をできるだけ安く買いたい方必見!安く買う方法についてご紹介します|次へ ≫

【土地の購入をお考えの方】登記について一挙ご紹介

「土地を購入しようと考えている」
「しかし、登記についてよく分からない」
その疑問にお答えします。
土地の購入を考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし、登記について具体的に分からない・何をすればいいのか分からないという方が多いと思います。
今回は土地を購入する際の登記についてご紹介していきます。


□登記

ここでは、登記に関してご紹介します。
具体的にどんなものなのか確認しましょう。

*登記とは

登記とは、所有権の移転を法務局に明記しておく行為のことです。
基本的に売買・贈与・相続など所有権が違う人に移る際に必要になります。
登記をしておかなければ、所有権の移転が認められません。
「この土地は私のものです」という人が何人もでてきてしまえばほんとうは誰のものなのか分からなくなります。
そんなトラブルを防ぐために所有権の所在をしっかり決めておく必要があります。
特に不動産登記の場合は、表題部と権利部に分かれます。

*なぜ行うのか

次になぜ登記を行なう必要があるのかという点についてご紹介します。
先ほどご紹介したように登記は所有権を移す際に行いますが、絶対に登記しなければいけないということでもありません。
しかし、登記をしないと法的な効力を持たないことを指します。
この土地は自分のものだと法的に発言できません。
手続きしないまま放置しているとあとでトラブルに繋がってしまう場合もあります。
相続人の方が亡くなっても登記をせずに放っておくと、権利を主張する人が何人も現れるというケースがあります。
このように、法的な効力を持つという意味で登記する必要があります。

*どうやって行うのか

最後に、どうやって行なうのかということについてご紹介します。
売買の際には、まず取引する業者と契約を交わします。
そこで、金額や細かい契約内容を確認します。
そこで双方の合意が得られれば、売買契約が締結されます。
所有権の移転登記は、業者と契約を交わして最後の残金決算と引き渡しの際に行います。
契約が確定して売買が成立したあとに行うのが一般的です。
必要な書類などは事前に用意しておきましょう。
スムーズに手続きを行えます。


□まとめ

今回は、土地を購入する際の登記についてご紹介しました。
登記に関して具体的に分かっていただけたのではないでしょうか。
今回の記事を参考に、土地の購入について検討してみてください。
何か相談したいことがあれば、是非お問い合わせください。
≪ 前へ|土地の購入ってローン組めるの?ローンについてご紹介します!   記事一覧   土地をできるだけ安く買いたい方必見!安く買う方法についてご紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る