ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地をできるだけ安く買いたい方必見!安く買う方法についてご紹介します

土地をできるだけ安く買いたい方必見!安く買う方法についてご紹介します

≪ 前へ|【土地の購入をお考えの方】登記について一挙ご紹介   記事一覧   【土地を購入したい】良い条件の土地とはどんなものかご紹介します|次へ ≫

土地をできるだけ安く買いたい方必見!安く買う方法についてご紹介します

「土地を購入しようと考えている。」
「どうやって安く購入すればいいのだろう?」
その疑問にお答えします。
土地の購入を考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし、安く購入するにはどうすればいいのか分からない方も多いと思います。
今回は土地を安く購入する方法についてご紹介します。


□安く購入する方法

ここでは、安く購入する方法について具体的にご紹介します。

*古い建物の有無

まず、その土地に古い建物が残っているのか確認しましょう。
残っている場合は、購入後に解体する必要があります。
解体の費用は建坪に3万円をかけた金額が一般的です。
土地の金額とは別に費用がかかることを理解しておく必要があります。
また、解体してくれる会社を見つける必要があります。
ここで注意しておくことは、建物を解体してから名義を変更しないと建物自体の名義も変更しないといけないことです。
手間がかかるだけならまだ良いでしょう。
この場合は、変更の際に別の費用がかかってしまいます。
無駄な出費を抑えるために気をつけましょう。

*水道の有無

次に、水道の有無についてご紹介します。
もし古い建物が残っている場合は、水道が通っていることが多いので問題はないです。
しかし、水道が通っていない場合は自分で水道を引き込む必要があります。
その際に別で料金がかかります。
単純に引き込むだけではなく、水道の権利も買う必要があります。
2つ合わせて50万円以上かかる場合が多いです。
水道がついている土地を買えばそういった費用を節約できます。
実際に選ぶ際には、水道の有無にも気をつけて選びましょう。

*ガスの有無

続けてガスの有無も確認しましょう。
すべてオール電化にする場合は問題ありません。
しかし、ガスを検討している方は注意が必要です。
プロパンガスしか利用できない場合は、家を購入した後のガス代が高くなるでしょう。
ガスを検討している方は、都市ガスがオススメです。
都市ガスは初期費用がプロパンガスに比べて高いですが、長期的にみると安く抑えられます。

*土地の強度

最後に土地の強度に関してご紹介します。
稀に地盤がとても弱いことに購入してから気付き補修に数百万円かかるというケースがあります。
そのためには事前に地盤調査をしておくことが必要です。
あとで高額な費用が必要にならないようにしましょう。

□まとめ

今回は、土地を安く購入する方法についてご紹介しました。
土地を安く購入したい方は、古い建物の有無や水道の有無、ガスの有無、土地の有無を考慮しましょう。
この記事を参考に、土地の購入について検討してみてください。
何か相談したいことがあれば、是非お問い合わせください。
≪ 前へ|【土地の購入をお考えの方】登記について一挙ご紹介   記事一覧   【土地を購入したい】良い条件の土地とはどんなものかご紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る