ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てを購入後のメンテナンスの方法は?福井市の業者が一挙解説!

一戸建てを購入後のメンテナンスの方法は?福井市の業者が一挙解説!

≪ 前へ|一戸建てを購入する際の注意点とは?福井市の業者が一挙解説!   記事一覧   一戸建てを購入する際のポイントとは?福井市の業者が一挙解説!|次へ ≫

一戸建てを購入後のメンテナンスの方法は?福井市の業者が一挙解説!

一戸建てのメンテナンスでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
「一戸建てを購入したけど、その後のメンテナンスの方法がわからない。」
「自分だけの住居を丁寧に使いたい。」
「一戸建てってどうやってメンテナンスをしているの?」
このように思っている方もいらっしゃるかもしれません。
近年、地震や豪雨などの自然災害が頻発しており、住宅に耐久性が求められている中、転居したり、住居を改装したりする人が増えています。
そのような中、一戸建てで生活をすると言っても、どのようなものかわからない方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、一戸建て購入後のメンテナンスについてご紹介します。


□メンテナンスが必要な箇所

住居購入後には定期的なメンテナンスが必要です。
一般的に5〜10年おきに家全体の点検とメンテナンスを行う必要があると言われています。
その中でも、特にメンテナンスが必要な箇所は外壁と屋根です。
外壁と屋根は外の環境にさらされているため、家の他の部分よりも劣化が早いです。
特に、雨がよく降る地方、日差しが強い地方、寒さが厳しい地方では劣化のスピードが早いです。
外壁と屋根は5年おきに点検をして、必要に応じて補修することが大切です。
長年メンテナンスをしないまま放置すると、壁や天井に雨漏れやシミ、カビが生じるだけでなく、柱材や壁が変形するなど、非常に危険な状態になります。
そのため、外壁と屋根は特に定期的に点検しましょう。


□住居の耐久性を高める

住居の耐久性を高めることで、メンテナンスの頻度を少なくできます。
地域の気候に対応した材質にすることで、劣化を防止できます。
例えば、雨の多い地方だと撥水性や防水性の高い屋根材を用いたり、酸性雨が降る都会の地方だと耐酸性の強い壁材を用いたりすることで、住居の耐久性を上げられます。


□まとめ

今回は、一戸建てを購入後のメンテナンスの方法についてご紹介しました。
一戸建てをメンテナンスする上では、メンテナンスが必要な箇所を知ること、住居の耐久性を高めることが重要です。
「一戸建てについてもっと知りたい。」
「自分だけの住居が欲しい。」
と思っている方は、一戸建ての購入について考える良い機会かもしれません。
これを機に、一度住宅の転居・改築を検討してみてはいかがでしょうか?
当社は皆様の理想の住空間を実現するため、中古物件の売買からリフォームに至るまで、幅広い取り組みを行なっています。
一戸建てについてわからないことがあれば、お気軽にご相談ください!
≪ 前へ|一戸建てを購入する際の注意点とは?福井市の業者が一挙解説!   記事一覧   一戸建てを購入する際のポイントとは?福井市の業者が一挙解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る