ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地探しのポイントを福井の業者が解説します!

土地探しのポイントを福井の業者が解説します!

≪ 前へ|中古住宅を購入する流れについて福井の業者が解説!   記事一覧   福井の業者が解説!中古住宅を購入する際によくある失敗とは?|次へ ≫

土地探しのポイントを福井の業者が解説します!

「土地を探すポイントを教えてほしい!」
「土地探しで失敗したくない!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地を購入することは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、土地を探すことに慣れていない方が多いと思います。
また、土地を探すことに慣れていない方は探すポイントがわからない方がほとんどでしょう。
そこで今回は、福井県の方へ、土地探しのポイントについて解説します。


□土地探しのポイント

土地を探す際に、土地がある場所、土地の形、坪数、価格の4つは確認する方が多いと思います。
しかし、他にも確認するポイントはたくさんあります。
以下に確認するポイントを紹介します。

*インフラ

インフラとは、道路、上下水道、電気、ガスなどのことです。
前面道路にインフラ設備がない場合は、新しいインフラ設備を作る必要があり、その費用が追加でかかる可能性があります。

*建ぺい率

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合です。
一般的な住宅を建てる予定の場合は、建ぺい率が50%ほどの土地がおすすめです。
「建ぺい率は高いほどいいんじゃないの?」という方がいらっしゃると思います。
しかし、建ぺい率は高すぎると、敷地いっぱいに住宅を建てる必要があり、窮屈な印象を与えます。

*容積率

容積率とは、敷地面積に対する延べ床面積の割合です。
容積率によって、必然的に建物の高さが決まります。
容積率が高くなるほど、建物の高さは高くなります。
ここでも容積率が高いから良いという訳ではありません。
重要なことは、容積率と建ぺい率のバランスです。

*住宅を建てられるか

土地に住宅を建てるには、建築基準法に従う必要があります。
建築基準法では、道路と間口が2メートル以上接していない敷地には建設できません。
道路とは、原則、幅が4メートル以上、指定があれば6メートル以上の道です。

*地盤の強弱

地盤が弱い場合は、建物の重さに地盤が耐えられない可能性があります。
そのため、周囲の環境を確認して、地盤の強弱を確認する必要があります。
また、事前に地盤調査を行えることがベストです。


□まとめ

今回は、福井県の方へ、土地探しのポイントについて解説しました。
この記事を参考に、土地を探してみてはいかがですか。
当社は、福井県で不動産売買をしています。
「福井県で土地を探している!」という方や「土地の売買について相談したい!」という方はお問い合わせください。
当社が不動産のプロとして、お手伝い致します。
≪ 前へ|中古住宅を購入する流れについて福井の業者が解説!   記事一覧   福井の業者が解説!中古住宅を購入する際によくある失敗とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る