ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地を購入する際にかかる税金とは?固定資産税についてご紹介

土地を購入する際にかかる税金とは?固定資産税についてご紹介

≪ 前へ|土地購入の確定申告とは?知っておきたい税金と控除の基本知識   記事一覧   土地購入ってキャンセルできるの?土地探しの気になる情報|次へ ≫

土地を購入する際にかかる税金とは?固定資産税についてご紹介

「土地を購入しようかと考えている。」
「固定資産税ってどうすればいいのか知りたいな。」
このように土地を購入した際の固定資産税について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
不動産を購入すれば、毎年固定資産税を払わなければなりません。
そこで今回、土地を購入したら知っておきたい固定資産税についてご紹介します。


□土地を購入したら知っておきたい固定資産税

*固定資産税とは

固定資産税とは、所有する固定資産に対して払わなければならない税金のことを指します。
代表的なものに、土地や倉庫などがあるでしょう。

*納税義務者は誰か

納税義務者は、登記簿に所有者と記載されている人です。
住宅ローンのことしか考えずに、固定資産税を払えないということがないように、しっかりと固定資産税のことも土地購入の際には考えておく必要があります。

*どのくらいかかるのか

固定資産税の税額は、固定資産税評価額に1.4%をかけて計算できます。
しかし、土地のみと土地に建物が建っている場合とで、額が変わってくるため注意しましょう。
評価額が1000万円の土地の場合、本来は140000円の固定資産税額となりますが、建物があるだけで約23000円まで下がる可能性があります。

*いつからかかってくるのか

固定資産税は1月1日の時点で所有者に納付書が届くようになっています。
そのため、日割りして計算し、残りの日数分を支払うことになるでしょう。
しかし契約日ではなく、所有権が移った日からなので注意してくださいね。
購入後には、毎年4月から5月くらいに納付書が届くとされています。

*注意点

土地を購入してから、建物を建てるまでの時間が長くなってしまう場合に年をまたいでしまうと、基本的には軽減措置を受けられません。
例えば土地購入が12月1日だったとして、建物は3月に建築し始めるとなると、本来の固定資産税を払うことになります。
そのため土地購入と、建物を建てる時期をしっかり考えるようにした方が良さそうですね。


□まとめ

今回、土地を購入したら知っておきたい固定資産税についてご紹介しました。
土地購入の際には、様々な税金がかかってきます。
その1つが固定資産税でしょう。
そのためあらかじめ確認しておくことをおすすめします。
当社は皆様の理想の住空間を実現するため、中古物件の売買からリフォームに至るまで、幅広い取り組みを行なっています。
福井県で土地を探しているという方は、お気軽にお問い合わせください。
当社が不動産のプロとして、お客様をサポートいたします。
≪ 前へ|土地購入の確定申告とは?知っておきたい税金と控除の基本知識   記事一覧   土地購入ってキャンセルできるの?土地探しの気になる情報|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る