ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 手土産が必要?中古住宅の契約時に知っておきたいこと|福井市

手土産が必要?中古住宅の契約時に知っておきたいこと|福井市

≪ 前へ|中古住宅は値引きできる?コツと注意点を解説|福井市   記事一覧   中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市|次へ ≫

手土産が必要?中古住宅の契約時に知っておきたいこと|福井市

「気に入った物件が見つかって契約を締結するけど、どんな服装で行ったらいいのかわからない。」
「手土産は必要なのかな?」
中古住宅の売買契約が結ばれる時は、売主と買主が立ち会って行うことが一般的です。
しかし初めての方はその際の服装などについて戸惑ってしまうかもしれません。
そこで今回は、中古住宅の契約締結の際に知っておきたいことをご紹介させていただきます。


□契約締結の時の服装は?

多くの方が契約を結ぶ時にはどんな服装をしていけばいいのか迷っているような印象を受けます。
実際はどんな服装が好ましいのでしょうか?
実はこれはそれほど重要ではありません。
極端な話、相手の服装が気になったから契約を結ばないということはないからです。
どういった服装の方が多いかというと、ほとんどの方は普段着です。
いわゆるビジネスカジュアルのような襟付きのシャツなどを着用される方が多く、仕事帰りの方などは作業着姿で来られる場合もあります。
特に服装にこだわり過ぎる必要はありませんが、どんな服を着たらいいのかわからないという方は襟付きのシャツなどを着用すると良いでしょう。


□手土産は必要?

契約締結時に手土産を持っていった方がいいのかというご相談をよく聞くことがあります。
これも実際にはほとんどの方が持ってこないため、そこまで気にする必要はありません。
手土産を持ってこられると契約を断りにくいということもあるかもしれませんが、必ず持っていく必要があるというものではありません。
手土産を持ってこられるケースには売主が値下げをしてくれたから買主が感謝の印として持ってくるなどがあります。


□小さいお子様は連れて行かない方がベター

中古住宅に限らず不動産の売買契約は一般的に一時間ほどかかります。
そこでは日常ではあまり聞くことがない専門的な言葉での説明が続きます。
そこでお子さんが泣いたりした場合にはなかなか集中することができませんよね。
家の購入、売却という大きな決定をする場所でそうしたことは避けるべきでしょう。
お子さんがいる方は誰かに預けるなどし、連れて行かない方が懸命です。


□まとめ

この記事では中古住宅の契約時に知っておきたいマナーなどを紹介させていただきました。
不動産の売買契約は人生でそうなんども経験するものではありませんから、どうしたらいいかわからなかったという方も多いのではないでしょうか?
そういった方は今回紹介させていただいたことを参考に、準備をしてくださいね。
当社は福井市を中心に中古住宅を販売しています。
これから中古住宅を購入しようとお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。
≪ 前へ|中古住宅は値引きできる?コツと注意点を解説|福井市   記事一覧   中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る