ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市

中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市

≪ 前へ|手土産が必要?中古住宅の契約時に知っておきたいこと|福井市   記事一覧   消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市|次へ ≫

中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市

「気になる物件があったから内覧をしたいけど、どんなところを見たらいいのかわからない。」
中古住宅の内覧に関してこのような悩みをお持ちではないでしょうか?
中古住宅では物件によってかなり状態が異なりますので、物件選びにおいて内覧はかなり大切になります。
今回はそんな中古住宅の内覧で気をつけて見たいチェックポイントを紹介させていただきます。


□内覧でのチェックポイント

*建物の状態を確認する

新築住宅と中古住宅での内覧において大きな違いは、その住宅が中古であるという点です。
物件によっては建築されてから長い年数が経過しているため、基礎や外壁の耐用年数が短くなっていたり、場合によっては雨漏りがあったりということがあります。
購入してから気づくようなことがあるとトラブルに繋がることもあるため、内覧の時にくまなく確認するようにしましょう

*点検口

住宅診断をご存知ですか?
ホームインスペクションとも呼ばれるものですが、これはその名の通り住宅の状態を診断することです。
これが行われた家には床下や屋根裏に点検口という穴があります。
これがない住宅では、今まで点検をしたことがないということなので住宅の状態が正しく把握できていない可能性があります。
この点検口があるかどうかは内覧の時に確認しておくべきでしょう。

*希望条件に一致しているのか

自分が希望している住宅の状況と実際にその物件の条件が一致しているのかは必ず確認するようにしましょう。
まず意識すべきなのは間取りと部屋の広さの実感値です。
内覧前に確認できる間取り図と実際にみてみた間取りが完全に一致しているのか、住むことをイメージした時に十分な部屋の広さなのかなどは確認しておきましょう。
よくある不一致でいうと間取り図では洋室になっているのに、内覧でみてみると和室になっていたり、扉の開閉方向が間違っていたりという細かいところもあります。


□ご自身での内覧が不安ならプロに頼もう

先ほど紹介させていただいた住宅診断によってプロの目でその住宅の状況を調べてもらうことは非常に安心できますよね。
住宅診断では一級建築士が住宅の状態を細々と調べ、想定外の補修や素人目では見落としてしまうような欠陥を発見することができます。
中古住宅を購入したいけど欠陥が不安という方はホームインスペクションを依頼してみても良いかもしれませんね。


□まとめ

今回は中古住宅の内覧について気をつけて見たいチェックポイントを紹介させていただきました。
内覧は不動産選びにおいて非常に大切な過程です。
内覧を行う際は今回紹介させていただいたポイントに注意して見てみましょう。
私たちは福井市を中心に土地、中古住宅を取り扱っています。
福井市で中古住宅をお探しの方はぜひ一度私たちにご相談くださいね。
≪ 前へ|手土産が必要?中古住宅の契約時に知っておきたいこと|福井市   記事一覧   消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る