ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市

消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市

≪ 前へ|中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市   記事一覧   中古住宅の契約はキャンセルできる?解説します!|福井市|次へ ≫

消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市

「消費税が増税したけど、やっぱり住宅の価格は高くなるのかな?」
2019年の10月に消費税が8%から10%に引き上げられましたが、それが中古住宅の価格にどのような影響があるのか気になっている方は多いのではないでしょうか。
2%とはいえ、住宅のような高い買い物では大きな金額になります。
そこでこの記事では消費税増税が中古住宅購入に与える影響について解説させいただきます。


□増税でどう変わる?

消費税の増税によってどんなことが変わるのでしょうか?
住宅に関して消費税がかかるものには次のようなものがあります。
住宅の購入費用、ローン手数料、不動産仲介手数料、引っ越し費用、リフォーム費用などです。
逆に消費税がかからないものには土地購入費用、個人から中古住宅を購入する場合の費用、印紙代、保険料、登録免許税、不動産取得税などがあります。
これらはもともと消費税の対象ではないため増税したとしても費用が高くなってしまうことはありません。


□中古住宅購入への影響

消費税増税はその住宅のタイプによっても与える影響が異なってきます。
今回は中古住宅に注目してご紹介します。
不動産会社から住宅を購入する場合には費用が増税分高くなってしまいますが、個人から購入する場合には消費税が課税されることがないため増税の影響は受けません。
他に知っておくべき点としては、リフォーム工事をする場合には経過措置が認められています。
2019年3月31日までにリフォーム工事契約を結んでいる場合は、住宅の引き渡しが税率の上がった10月1日以降であっても消費税は8%となります。
同様に仲介手数料にも経過措置が適用されており、2019年9月31日までに契約が結ばれていれば税率は8%のままです。


□増税後の支援

一般的に消費税が増税になると国民が消費を抑えることとなり経済が停滞してしまいます。
これを避けるために政府はさまざな支援をしています。

*住宅ローン控除期間延長

増税前は10年間が控除期間だった住宅ローンですが、増税後は3年伸びて13年間控除を受けることができます。
中古住宅でこの控除を受けるための条件は2019年10月1日から2020年12月31日までにその住宅に住み始めることが条件で、その他には床面積や借入金の償還期間が10年以上などの条件があります。

*すまい給付金

一定の条件を満たすことで住宅を購入した時に得られるものがすまい給付金です。
消費税が増税したことによって従来の30万円から50万円まで上限が引き上がりました。
これから住宅を購入する方はぜひ参考にしてみてくださいね。


□まとめ

この記事では消費税増税が持つ中古住宅購入への影響について紹介させていただきました。
これから住宅を買う方は知っておくとお得な情報がたくさんありますので、ぜひ覚えておくようにしましょう。
住宅の費用などに関してご相談等ございましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|中古住宅の内覧のチェックポイントを紹介します!|福井市   記事一覧   中古住宅の契約はキャンセルできる?解説します!|福井市|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る