ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の契約はキャンセルできる?解説します!|福井市

中古住宅の契約はキャンセルできる?解説します!|福井市

≪ 前へ|消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市   記事一覧   中古住宅はホームインスペクションがオススメ|福井市の不動産会社が解説|次へ ≫

中古住宅の契約はキャンセルできる?解説します!|福井市

「中古住宅を買う予定だったけど、他の気になる物件が見つかったからやっぱりやめたい。」
「簡単に契約のキャンセルはできるんだろうか?」
住宅の購入は非常に大きな買い物ですので、一度気に入った物件があっても後から考えると、もう少し探したいと契約をキャンセルしたくなる気持ちは非常によくわかります。
そこで今回は、中古住宅の契約をキャンセルはできるのか、またその際の注意点を紹介させていただきます。


□あなたの状況に合わせたキャンセルの方法を知ろう

方法や注意点は契約を今から結ぶ段階なのか、すでに結んでいる段階なのか、などの状況によって異なります。
状況に合わせてみていきましょう。

*契約を結ぶ前

契約を結ぶ前は、あなたが売主に購入意思を不動産購入申込を通じて伝えているが、それをキャンセルしたいという状況でしょう。
この状況では非常に簡単です。
契約を結んでいないためキャンセルも何もなく、売買契約書にサインをしなければそれで大丈夫です。
口約束でも契約になるのでは?と思われる方もおられるかもしれませんが、不動産に関してはそれは適用されないため安心して大丈夫です。

*仮契約を結んでいる

先ほどもあったように売買契約書に署名していない場合は契約前のキャンセルになるため可能です。
ただ仮契約時に複数の書類にサインすることになりますが、その中に売買契約書が入っていないか注意しましょう。

*売買契約を結んでいる

すでに契約書にサインをしている場合は少し難しくなります。
キャンセルした場合はその書類で決められている方法で行われます。
自分がどのキャンセルの特約に当てはまるか、売買契約書をよく読み探してみましょう。
物件を購入する気が無くなったり、自己資金が用意できなくなり購入することができなくなったりなどが買主側によくあるキャンセルの理由です。
こういった理由でのキャンセルは契約時に支払った手付金を返金してもらうことはできないためその点は理解しておきましょう。


□注意点

契約後にキャンセルすると場合によっては違約金が発生してしまいます。
先ほど紹介させていただいたケースだと手付金が返ってこないだけですが、違約金が発生するとはどんな場合でしょうか。
これは手付解除をすることができる期限を超えてからのキャンセルの場合です。
これは売買契約書にきちんと期限が明記されています。
また違約金の金額も明記されているため必ずよく読み確認するようにしましょう。
キャンセルの条件は買主と売主の間で決定されていますので、契約をするときに、もしそれを破棄すればどうなるのかを注意してみておくことが非常に大切です。


□おわりに

今回は中古住宅購入契約をキャンセルできるのか、またその際の注意点について紹介させていただきました。
もし購入をやめようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。
当社は福井市で中古住宅の販売を行なっていますので、家を探されてる方はぜひお気軽にご相談ください。
≪ 前へ|消費税10%へ増税後、中古住宅購入はどうなる?|福井市   記事一覧   中古住宅はホームインスペクションがオススメ|福井市の不動産会社が解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る