ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の中古住宅で気をつけるポイント|浄化槽について

福井市の中古住宅で気をつけるポイント|浄化槽について

≪ 前へ|福井市の中古住宅について|床下点検でチェックするポイントとは   記事一覧   中古住宅が雨漏りする!そんな時はどうする?|福井市の不動産会社が解説します|次へ ≫

福井市の中古住宅で気をつけるポイント|浄化槽について

「中古住宅を購入したら浄化槽が必要だった」
「しかし、浄化槽についてよくわからない」
このようにお考えの方もいると思います。
浄化槽は合併処理浄化槽とも呼ばれる汚水を処理するためのものです。
大都市郊外や地方では使われていることも少なくありません。
そこで今回は浄化槽について説明します。


□浄化槽の仕組み

浄化槽は様々な種類がありますが、簡単に言うと微生物の働きによって水を綺麗にする装置です。
水洗トイレからの汚水、台所排水をなどの生活排水を流入させて、複数の槽で分離除去、有機物の浄化などを行います。
そして綺麗になった、上澄み水を消毒に通し放流します。
様々な微生物が浄化槽の中で生きていて、その微生物が働きます。
また法改正により、水洗トイレのみの汚水を処理する浄化槽は設置できなくなりました。


□メリット、デメリット

浄化槽にもそれぞれメリット、デメリットがあります。
ここではメリット、デメリットを説明していきます。

*メリット

メリットとしては下水道に比べて維持管理が安くなる場合がある事です。
年間15000円ほどの維持費がかかります。
しかし、下水料金はかからないため、水道を多く利用する世帯にはお得です。

*デメリット

まずは浄化槽を購入する場合に費用がかかることです。
補助金がでる市町村も多いですが、費用はかかってしまう事が多いです。
土地を購入してさらに浄化槽を購入するとなると少し気が引けてしまいますよね。
次に、匂いに敏感な場合、悪臭を感じる可能性があります。
浄化槽では浄化をした水を側溝に放水します。
その水が側溝で溜まってしまうと匂いの原因になってしまいます。
匂いは日常生活に大きな影響を与えますので、気をつけたいですね。
また、物件を売る際に売れにくくなってしまう事があります。

*現地をみてみる事が大切

浄化槽に関しては過去の経験などからとにかく嫌だ、というレッテルが貼られている場合があります。
しかし、実際にみてみるとそんなに悪い影響がない場合もあります。
現地を実際にチェックしてみましょう。
現地でチェックすべきポイントは「排水がしっかりと流れていっているか」です。
ここがしっかり流れていなければ匂いや虫の発生に繋がってしまいます。


□おわりに

この記事では中古住宅の購入をお考えの方に向けて、浄化槽ついて紹介させていただきましたがいかがでしたか?
浄化槽にはそれぞれメリット、デメリットがありました。
今まで浄化槽について知らなかった方も理解していただけたのではないでしょうか。
もし購入される際はメリット、デメリットをしっかり考慮して購入しましょう。
当社は福井で不動産を取り扱っている会社です。
福井で不動産購入をお考えの方はぜひお気軽に私たちにご連絡くださいね。
≪ 前へ|福井市の中古住宅について|床下点検でチェックするポイントとは   記事一覧   中古住宅が雨漏りする!そんな時はどうする?|福井市の不動産会社が解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る