ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の寿命はどれくらい?解説します!|福井市

中古住宅の寿命はどれくらい?解説します!|福井市

≪ 前へ|中古住宅が雨漏りする!そんな時はどうする?|福井市の不動産会社が解説します   記事一覧   中古住宅で床の傾斜はどれくらい気にした方がいい?|福井市の業者が紹介|次へ ≫

中古住宅の寿命はどれくらい?解説します!|福井市

「購入したい中古住宅を見つけたけど、どれくらいの期間住めるのか、寿命が気になる。」
「中古住宅の購入を検討しているけど、物件の寿命ってどれくらいなのだろう?」
気に入った物件があってもその物件がこの先数年しか住むことができなければ、購入しづらいですよね。
そうした点から、中古住宅においてその物件の寿命は非常に大切です。
今回はそんな住宅の寿命についてご紹介させていただきます。


□寿命は使われ方次第

住宅の寿命は本来正解のない問題です。
寿命は30、40年と断言する人もいます。
しかし、実際は個々の建物によって随分と異なるものです。
木造だから、鉄骨造だから、鉄筋コンクリートだからという理由で寿命を決めるのはあまり正確とは言えません。

*メンテナンスが大切

確実に言えることとして、メンテナンスが非常に大きな影響を与えるということです。
適切なメンテナンスをすれば住宅の寿命は伸ばすことができます。
多少の手間やコストはかかりますが、住宅には必ず必要なことです。


□資産価値について

不動産の今現在の売買価格は、不動産会社で査定される金額や実際に取引される金額に基づいています。
しかし、将来の売買価格を予想するのはかなり難しいことです。
最近は住宅診断を使うことが多くなっています。
住宅診断を行うことで、建物の価値を見直すきっかけになるでしょう。
資産価値に影響を与える可能性もあります。


□築年数だけでは判断できない

築年数だけでは住宅の良し悪しは判断できません。
修繕などのメンテナンスの有無以外にも立地や使い方で痛み方も違います。
築年数が新しくても、床下などの目に見えない部分もチェックしましょう。
目に見えない部分の補修費は高くつくことがおおいです。
現地を見にいった時はすでにリフォームが終わってしまっている場合があります。
リフォームが終わってしまうと傷み方がわかりにくくなってしまいます。
そのためリフォーム前に見せてもらいましょう。


□まとめ

この記事では中古住宅の購入をお考えの方に向けて、住宅の寿命についてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?
築年数で判断してしまいそうですが、それだけでは判断できません。
また、一般的に言われている寿命はあまりあてにならないことが多いです。
定期的なメンテナンスが寿命を長持ちさせる大切なポイントです。
こまめなメンテナンスに努めましょう。
福井で不動産の購入をお考えの方はぜひお気軽に当社までご連絡くださいね。
≪ 前へ|中古住宅が雨漏りする!そんな時はどうする?|福井市の不動産会社が解説します   記事一覧   中古住宅で床の傾斜はどれくらい気にした方がいい?|福井市の業者が紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る