ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 手付金って?中古住宅の契約時に必要な手付金を解説|福井市

手付金って?中古住宅の契約時に必要な手付金を解説|福井市

≪ 前へ|福井市で中古住宅を考えている方へ|購入前のおはらいについて解説します   記事一覧   一戸建て住宅の購入をお考えの方へ!事故物件の見分け方をご紹介|次へ ≫

手付金って?中古住宅の契約時に必要な手付金を解説|福井市

「家を買うには手付金ってお金が必要と聞いたけど、そもそもなんのお金?」
このような疑問をお持ちではありませんか?
家を初めて購入する方にとって手付金はあまり馴染みがない言葉ですよね。
今回は、そんな手付金とはそもそもなんなのか、どのタイミングで必要なのか、金額はどれくらいなのかなど解説させていただきます。


□手付金とは?

まずは手付金とはそもそもどういったものなのか説明させていただきます。
これは中古住宅などの家や、土地などの不動産を買う際に、買主と売主が契約を交わしたというその証明のために必要なお金になります。
手付金には3種類あります。

*解約手付

手付金は売買契約の保険金のような意味合いが強いです。
特にこれは買主、売主のどちらかが契約を解除したいときにその役割を果たします。
買主が売主に支払いますが、買主が契約を解除したい場合にはすでに支払っている手付金は売主のものになります。
逆の場合には買主が支払っている手付金の2倍を支払わないといけません。

*違約手付

これはその名の通り契約を違反してしまった時の手付金です。
違約とはどう言ったことかというと売買契約書に明記されている買主と売主の取り決めの違反をした場合です。
解約手付同様に買主が違反した場合にはそのお金が売主に没収され、反対に売主が違反した場合には買主にその金額を倍にして支払います。

*証約手付

これは買主が売主に購入の意思があることを示すという意味がある手付金になります。
買主が契約時に売主に預けます。


□いつ必要?

ここからは手付金を支払うタイミングについて解説します。
これはどんな契約でも一緒で、契約を結ぶ際に現金で支払います。
支払いの際に気をつけたいのが、なんのために支払っているのかを知っておくということです。
売買契約書、重要事項説明書をしっかり読み込み、その手付金がなんの手付金なのか把握しておくことは非常に重要です。


□どれくらい必要?

ここまで手付金とはどんな役割を果たすものなのか、またいつ必要なのかについてご紹介させていただきました。
実際にはどれくらいの金額が必要なのでしょうか?
これは具体的にいくらとは決められておらず、家の購入代金の5から10%くらいが妥当だとされています。
例えばあなたが2000万円の住宅を買おうとしている場合は、100万円から200万円になります。。
そして一度支払った手付金は戻ってきませんので注意しましょう。


□まとめ

この記事では手付金について紹介させていただきましたがいかがでしたか?
なかなかイメージを持つことが難しい手付金についてなんのためのお金なのか、いつ、どれくらい必要なのか理解していただけましたら幸いです。
当社は福井市を中心に中古住宅を販売させていただいています。
中古住宅の購入をお考えの方はぜひご相談ください。
≪ 前へ|福井市で中古住宅を考えている方へ|購入前のおはらいについて解説します   記事一覧   一戸建て住宅の購入をお考えの方へ!事故物件の見分け方をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る