ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て住宅の見学をする際の注意点について紹介します!

一戸建て住宅の見学をする際の注意点について紹介します!

≪ 前へ|一戸建て住宅が気になる方へ!ハウスメーカーの建売住宅についてご紹介   記事一覧   一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!|次へ ≫

一戸建て住宅の見学をする際の注意点について紹介します!

「一戸建ての住宅を購入しようと考えているけど、見学するときの注意点を知りたい」
「どのように見学すれば良いか知りたい」
このように、一戸建て住宅の見学をするときの注意点が気になる方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、見学をするときの注意点についてご紹介します。


□一戸建て住宅を見学するときの注意点とは

一戸建て住宅の見学会などのように、完成している住宅を見学できるのは、住むときのイメージをしやすいようになります。
見学するときに、注意するべき点をあらかじめ分かっておけば、見学の時間をより良いものにできるでしょう。
ここでは、一戸建て住宅を見学するときに注意するべき点をご紹介します。

*現在住んでいる住宅の不満を解消できる理想の物件かどうか

現在住んでいる住宅に不満がある場合は、どのように解消される構造になっているのかを考えながら見学することが大切です。
もしくは、自分や家族の理想を叶えられる構造や設備が備わっているかも重要なポイントです。
また、現在住んでいる住宅の家具や家電をそのまま持ってくる場合が多いと思います。
そのため、それらを配置・収納できるスペースがあるかどうかの確認も忘れずに行いましょう。

*具体的なポイント

・生活動線をイメージする

二階建ての住宅の場合は、階段あるため、毎日の住宅内で移動する距離が長くなり、生活にかかる負担が大きくなります。
そのため、普段の生活をイメージしたときに不自由のない構造かどうかを考えましょう。

・日当たりや窓の位置を考える

この先周辺に何か建つ予定があるかどうかを確認することが大切です。
近所に高いマンションが建ってしまうと日当たりが悪くなり、ジメジメした家になって胃しまうかもしれません。
窓の位置や数を聞いておくことも重要です。
日当たりと同じように、窓の位置が日の当たらない向きだったり、風向きを考えられていなかったりした場合は、換気もうまくできず快適とは言い難い家になってしまう可能性があります。

・天井や床下確認する

住宅が建ってからの築年数を確認できない場合は、特に注意する必要があります。
天井からの雨漏りや床下に発生しているシロアリなどの害虫被害がないことを確認しましょう。


□まとめ

今回は、一戸建て住宅を見学するときの注意点についてご紹介しました。
今回の記事で、一戸建て住宅の見学をより内容の濃いものにしていただければ幸いです。
当社では、中古住宅や土地の仲介を行っています。
中古住宅の購入をお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|一戸建て住宅が気になる方へ!ハウスメーカーの建売住宅についてご紹介   記事一覧   一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る