ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!

一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!

≪ 前へ|一戸建て住宅の見学をする際の注意点について紹介します!   記事一覧   一戸建て住宅の老朽化が心配な方へ!一戸建て住宅の寿命を伸ばす方法をご紹介|次へ ≫

一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!

「一戸建て住宅を購入するときの、トラブルの事例を知りたい」
「一戸建て住宅の契約時におけるトラブルの防止方法を知りたい」
このように、一戸建て住宅の契約時のトラブルを避けたい方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、一戸建て住宅の契約に起こるトラブルについてご紹介します。


□不動産の売買契約時のトラブル事例

住宅を購入するときはどのようなトラブルが起こるのか知りたいと思う方が多いと思います。
事例を知っておけば、どう対処するべきかわかるかもしれません。
ここでは、実際にあったトラブルの事例をご紹介します。

*ローンに関するトラブル事例

一戸建て住宅を購入するときに住宅ローンを利用して購入する場合は、金融機関にローンを借りられなかったときに契約を解除して、手付金などを返金されるローン特約を付けます。
しかし、ローンが組めず、ローン特約が付いていないことに気付かなかったため、手付金を変換してもらえなかった事例があります。
そのため、ローンを組んで住宅を購入するときは、ローン特約が付いているかを確認しましょう。

*不動産会社に関するトラブル事例

片方の不動産業者と住宅購入を仲介してもらう契約書を書き、物件を決めて契約という時点で、もう片方の不動産業者の方が料金は安かったため、こちらの不動産業者と契約したという例です。
結果的には、初めの不動産業者に仲介料を請求されたり、業界の決まりを違反しているという理由で、仲介を断られたりしたと良います。
そのため、不動産業者に依頼するときは、事前に仲介手数料を確認しておくことをおすすめします。


□不動産の売買契約時のトラブルを防ぐ方法とは

上記では、実際の住宅購入するときに起こるトラブルの事例についてご紹介しました。
ここでは、より詳しいトラブルの防止方法をご紹介します。

*トラブルを防ぐためにはメモを取る

不動産業者とのトラブルを防止するには、メモを取ることをおすすめします。
業者が行ったことをメモすることで、不動産業者が言ったことを後から見返せます。
メモを取るポイントとしては、いつ・どこで・誰が言ったのかわかるようにメモを取りましょう。
もし、不動産業者と事実関係に関するトラブルが発生した場合、いつ・どこで・誰が言ったことなのかをはっきり指摘できれば、不動産業者も言い逃れできません。


□まとめ

今回は、一戸建て住宅の契約に起こるトラブルについてご紹介しました。
新しい家に住むのに契約時にトラブルがあっては気持ち良く住めません。
そのため、契約時のトラブルを避けるために、今回ご紹介した方法を実践していただけると幸いです。
≪ 前へ|一戸建て住宅の見学をする際の注意点について紹介します!   記事一覧   一戸建て住宅の老朽化が心配な方へ!一戸建て住宅の寿命を伸ばす方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る