ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て住宅の老朽化が心配な方へ!一戸建て住宅の寿命を伸ばす方法をご紹介

一戸建て住宅の老朽化が心配な方へ!一戸建て住宅の寿命を伸ばす方法をご紹介

≪ 前へ|一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!   記事一覧   一戸建て住宅を購入するメリットについてご紹介!|次へ ≫

一戸建て住宅の老朽化が心配な方へ!一戸建て住宅の寿命を伸ばす方法をご紹介

「一戸建て住宅を購入したけど、老朽化させたくない」
「一戸建て住宅を老朽化させない方法を知りたい」
このように、一戸建て住宅の老朽化が心配な方が多くいらっしゃると思います。
しかし、思っているだけでは知らぬ間に老朽化しています。
そこで今回は、一戸建て住宅の寿命を伸ばす方法をご紹介します。


□一戸建ての寿命とは

購入した住まいの寿命を知っていれば、状態を保つためのメンテナンスやリフォームを効率よく行えます。
そのため、購入した住まいの構造別の寿命を知っておくことはとても重要です。
ここでは、木造と鉄筋コンクリートの場合の寿命をご紹介します。

*木造住宅の場合

気候に適しているため、日本にはたくさんの木造住宅があります。
木造住宅の寿命は、30年ほどと言われています。
しかし、この30年という年数は、寿命以外の理由で壊された住宅の年数から計算されています。
例えば、建て替えや取り壊し、災害による倒壊、などです。
実際は、約30年から80年間は住めると言われています。
また、一定期間で行うメンテナンスがさらに寿命を伸ばします。

*鉄筋コンクリート造の場合

鉄筋コンクリートが用いられている住宅は、約40年から90年が寿命と言われています。
この素材は、様々な建築材の中で最も長い寿命の住宅を建てられると言えます。
しかし、それ以外の配管や各設備が劣化してしまうことが多いので、一定期間で行うメンテナンスが欠かせません。


□主要構造のメンテナンスで一戸建ての寿命は伸ばせる

上記では、日本に多い材料別の寿命をご説明しました。
住宅は、細かな点検を心がけると、さらに寿命を伸ばせる可能瀬があります。
ここでは、寿命を伸ばすために心がけることをご紹介します。

*こまめなメンテナンスを行う

自分でできる点検は、トイレや風呂場などの水回りのよく目に付く部分が中心です。
しかし、それだけでは表面しか確認できていないので、5年に一度は専門業者に点検を依頼することをおすすめします。
簡単な点検の場合は約5万円、機材を用いた本格的な点検は約20万円かかります。
少し高いと思うかもしれませんが、この点検をするだけで、危険な部分を早期発見できるので、不要な建て替えを防げます。


□まとめ

今回は、一戸建て住宅の寿命の伸ばす方法をご紹介しました。
住宅の寿命を伸ばす場合は、定期的な点検をおすすめします。
この方法で、人生の中で一番大きい買い物といえる住まいを大切にできます。
当社では、中古住宅の購入をお感慨ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|一戸建て住宅の契約時のトラブルについて紹介します!   記事一覧   一戸建て住宅を購入するメリットについてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る