ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て住宅の購入で住宅ローンを借りる際に連帯保証人が必要かどうかをご紹介!

一戸建て住宅の購入で住宅ローンを借りる際に連帯保証人が必要かどうかをご紹介!

≪ 前へ|一戸建て住宅を購入するメリットについてご紹介!   記事一覧   一戸建て住宅を検討中の方へ!電気の契約について解説します!|次へ ≫

一戸建て住宅の購入で住宅ローンを借りる際に連帯保証人が必要かどうかをご紹介!

「住宅ローンを組むときに連帯保証人がいるのかどうか知りたい」
このように、お金を借りて住宅を購入するもいらっしゃると思います。
しかし、ローンに関することは難しいと感じる方が多いと思います。
そこで今回は、住宅を購入するためにお金を借りるとき、連帯保証人が必要かどうかをご紹介します。


□住宅ローンを組むときに連帯保証人は必要かどうか

お金を借りるときの連帯保証人を誰に頼むか悩む方が多いのではないでしょうか。
また、何かあったとき一緒に責任を負ってくれる人がいないこともあると思います。
しかし、一般的には連帯保証人を必要としない場合が多いです。
ここでは、その理由と場合をご説明します。

*連帯保証人が不必要な理由とは

一部の地方銀行や信用金庫を除いて、基本的に連帯保証人は必要ありません。
一戸建て住宅などを自分一人の名義で購入してからお金を借りるための申し込みをし、収入の合計を出さなくても借りる金額に相当する年収があって審査結果に不明点がなければ、原則的に連帯保証人は不要です。
しかし、ほとんどの金融機関は同じ系列の信用保証会社での保証を条件にしているので、この場合は注意が必要です。
また、連帯保証人が必要とされる場合でも、それらにプラスして保証してくれる会社を利用する必要上がります。


□住宅ローンを組むときに連帯保証人が必要となる場合とは

上記では、一般的に連帯保証人が不必要な場合をご紹介しました。
しかし、ある条件を満たしていない場合は必要になる可能性があります。
そのため、どのような場合に当人と一緒に責任を負う人が必要になるのか知っておいた方が良いです。
ここでは、ローンを組むときに連帯保証人が必要な場合をご紹介します。

*収入と合わせて住宅を購入する場合

一般的に多いパターンは、夫婦の収入を合わせて住宅を購入する場合です。
例えば、夫の名義でローンを組む場合は妻が何かあったときに責任を取る必要があります。

*親の名義の土地に住宅を建築する場合

親が持っている土地に住宅を建てようと考えている方もいらっしゃると思います。
このような場合は、土地を持っている親になります。

このように、万が一のことが起こったときに責任を負ってもらう人がいなければならない場合もあります。
そのため、このような状況になって住宅を購入できなくなることを防ぐためにも、普段から連帯保証人になってくれるような信頼をおける人を見つけておいた方が良いです。


□まとめ

今回は、一戸建て住宅の購入で住宅ローンを組むときに連帯保証人は要るのかどうかをご紹介しました。
住宅を購入するためにお金を借りるときは、何かあったときのために責任を取ってくれる人が不必要な場合が多いです。
しかし、必要な場合もあるので、説明をよく聞いてからお金を借りた方が良いです。
≪ 前へ|一戸建て住宅を購入するメリットについてご紹介!   記事一覧   一戸建て住宅を検討中の方へ!電気の契約について解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る