ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 安全にリフォームしたい!中古住宅を購入するコツとは?

安全にリフォームしたい!中古住宅を購入するコツとは?

≪ 前へ|墓地近くの土地って購入してもいいの?メリットとデメリットをご紹介します!   記事一覧   土地を購入する前に!市場価格はどう決まるのかを押さえよう!|次へ ≫

安全にリフォームしたい!中古住宅を購入するコツとは?

中古住宅を購入するとき、リフォーム済の住宅を買うのか、住宅を買ってからリフォームするのかを悩む人が多いのではないでしょうか。
最近は中古住宅をリフォームして、自分にとって住みやすい理想の住まいを作るケースが多いです。
そこで今回は、中古住宅を安全にリフォームするときのコツを紹介します。


□中古住宅を安全にリフォームするときのコツとは

中古住宅は新築住宅よりも価格が安いので、自分の暮らし方や好みに合わせてリフォームをすると、手ごろな費用で自分好みの理想の住まいを作れます。
しかし、中古住宅は様々な種類があり、それぞれの質も大きく異なるため、リフォームの向き不向きがあります。
リフォームに不向きな中古住宅は、リフォーム費用が新築を買うときよりも多くかかってしまう住宅です。
中古住宅を購入して、新築を買ったときよりも費用がかかると損ですよね。
そのため、自分が購入しようとしている中古住宅が、本当にリフォームするのに向いているのかをきちんと調べる必要があります。
以下、リフォームに向いている中古住宅なのかを見分けるポイントを紹介します。

*耐震性や断熱性を確かめる

安全な家は、耐震性と断熱性が優れているという特徴があります。
しかし、リフォームで耐震補強や断熱工事をすると、多額な費用がかかってきます。
そのため、耐震性や断熱性に優れた中古住宅を選びましょう。
耐震性を調べるときは、1981年の新しい耐震基準以降に建てられた住宅なのかを確認します。
実際に住宅を見学できる場合は、外壁や基礎部分にひび割れが無いかをチェックしましょう。
また、断熱性を調べるときは、1999年に施行された省エネ基準以降に建てられた住宅なのかを確認します。
これ以前に建てられた住宅は、断熱性に不安があるからです。
他にも、屋根裏や壁の内側に断熱材があるかチェックしましょう。

*バリアフリーにしやすいか

リフォームするときに、住宅をバリアフリー化したい人が多いと思います。
床の段差の解消や手すりの取り付けのようなバリアフリー化は、比較的簡単に行えます。
しかし、廊下の幅を広げたり、階段の勾配を緩やかにしたりといった工事は困難です。
そのため、廊下の幅が広く、階段の勾配が緩やかな住宅はバリアフリー化しやすいのでおすすめです。

*湿気のたまりやすさや雨漏りがあるかどうか

湿気がたまりやすい家はダニやカビが発生しやすく、雨漏りは家の構造を腐食させます。
ダニやカビが大量発生した家には住みたくないですよね。
雨漏りのある家は、屋根や外壁に原因があるため、補修工事に多額の費用がかかります。
そのため、湿気対策がしっかりされ、雨漏りが起こらない中古住宅を選びましょう。


□まとめ

今回は、中古住宅を安全にリフォームするときのコツを紹介しました。
リフォームに向いた中古住宅を選ぶときは、耐震性や断熱性、バリアフリー化のしやすさ、湿気や雨漏りの有無を確認しましょう。
≪ 前へ|墓地近くの土地って購入してもいいの?メリットとデメリットをご紹介します!   記事一覧   土地を購入する前に!市場価格はどう決まるのかを押さえよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る