ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームする際の注意点とは?

築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームする際の注意点とは?

≪ 前へ|土地購入を検討している人必見!沼地や海の埋め立て地を見る際の注意点とは?   記事一覧   中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?|次へ ≫

築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームする際の注意点とは?

築40年以上の住宅は、新築や築年数が短い中古住宅に比べて安く手に入る反面、安全性に不安が残ります。
そのため、購入後にリフォームを行うことが多いです。
しかし、築年数が長い住宅のリフォームは難しそうですよね。
そこで今回は、築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームするときの注意点について解説します。


□家の造りを支える箇所が痛んでいなければリフォームしてもよい

築40年以上の古い住宅でも、多額のリフォーム費用をかければ新築のような住宅に生まれ変わります。
しかし、住宅の状態によっては、新しく立て替えた方が良いほど痛んでいる家もあります。
それでは、リフォームできるかどうかはどこを見て判断すれば良いのでしょうか。
それは、建物の基礎部分や柱、梁といった家の造りを支える箇所が痛んでいないということです。
家の造りを支える箇所が痛んでいると、いくらリフォームをしてもすぐにダメになってしまいます。
そのような場合は、新しく建て替える方が良いでしょう。
ただし、家の造りを支える箇所がしっかりしているかどうかをただ見ているだけで判断するのは難しいです。
なぜなら、基礎部分や柱に問題がないように見えても、実際にはシロアリに食い荒らされていたり、腐食していたりする場合があるからです。
そのため、家の造りを支える箇所の判断は、リフォーム会社の専門家に相談し、住宅診断をしてもらいましょう。
専門家の判断から、家の造りがしっかりしていて問題無いと認められれば、建て替えずにリフォームした方がよいでしょう。


□高額な費用になるという注意点がある

築40年以上の中古住宅は、築年数が短い住宅よりもかなり老朽化が進んでいるので、その分リフォーム費用は高いです。
もし、住宅診断の結果で建物の構造上に問題がなければ、費用はある程度抑えられます。
しかし、柱や梁、基礎部分のような家の造りを支える箇所に不安があり、補修や補強をする場合は、費用の中に補修工事費や補強工事費を含めることになります。
補修工事費や補強工事費は、基礎部分から作り直す工事なので高額な費用がかかります。
費用を抑えるためにも、購入する住宅に関しては住宅診断をしっかり行い、十分に検討するようにしましょう。


□まとめ

今回は、築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームするときの注意点について解説しました。
リフォームできるかどうかを確かめるときは、建物の基礎や柱、梁といった家の造りに関係のある箇所が痛んでいないかを確認しましょう。
このとき、自分の目で確かめるのは難しいので、リフォーム会社の専門家に依頼しましょう。
≪ 前へ|土地購入を検討している人必見!沼地や海の埋め立て地を見る際の注意点とは?   記事一覧   中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る