ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?

中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?

≪ 前へ|築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームする際の注意点とは?   記事一覧   日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!|次へ ≫

中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?

最近では、新築住宅を購入するのではなく、中古住宅を購入して自分の住みやすいようにリフォームする人が増えています。
しかし、中古住宅のリフォームは簡単ではなく、事前に知識を押さえていないと失敗してしまいます。
そこで今回は、中古住宅を購入後にリフォームする場合のコツについて紹介します。


□物件探しとリフォーム相談、住宅ローンの審査を同時進行する

まず、物件探しやリフォーム計画をする前に、住まいの要望と資金計画を立てます。
どのような住宅に住みたいのかをイメージして、各自の要望を整理しましょう。
ある程度要望がまとまったら、次に資金計画を立てます。
資金計画は必ず物件を探す前に行いましょう。
なぜなら、物件探しから始めると、リフォーム費用を考えずに物件を決めてしまうことが多く、物件購入後にリフォーム費用が足りなくなるからです。
そのような事態を防ぐために、だいたいの資金計画を立てましょう。
資金計画を立てるときは、住宅ローンと頭金の合計の総予算を計算し、その総予算の中からリフォームに当てる資金を決めましょう。
リフォーム費用から決めることで、リフォームの費用が足りないといったミスを防げます。
資金計画を立てられたら、物件探しとリフォーム相談、住宅ローンの審査を同時期に始めましょう。
中古住宅を購入後リフォームする場合は、物件探し、リフォーム相談、住宅ローンの審査を同時に始める必要があるので難しいです。
そのため、物件探しとリフォーム相談を1つの会社に依頼することをおすすめします。
また、住宅ローンの審査をするときは、中古物件の購入とリフォーム費用を一体化したローンを使うのか、普通の住宅ローンとリフォームローンの両方を使うのか、自分にあったローンを選ぶようにしましょう。


□性能向上のための費用も資金に入れる

中古住宅を購入後にリフォームする場合の資金計画では、特にリフォーム費用をしっかり決めましょう。
その費用の中でも、断熱性や耐震性、換気システムといった家の基本性能の向上に関わる資金をきちんと確保しましょう。
なぜならこれらの基本性能がダメになると、日々の生活に支障が出るからです。
性能向上のための費用は、築年数から推算できます。


□まとめ

今回は、中古住宅を購入後にリフォームする場合のコツについて紹介しました。
中古住宅を購入後にリフォームする場合は、リフォーム費用の資金計画をしっかり立ててから、物件探しとリフォーム相談、住宅ローンの審査を同時進行しましょう。
また、リフォーム費用に家の性能向上のための費用を入れておきましょう。
≪ 前へ|築40年以上の中古住宅を購入後にリフォームする際の注意点とは?   記事一覧   日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る