ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!

日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!

≪ 前へ|中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?   記事一覧   中古住宅を購入する際の手続きの流れとは?|次へ ≫

日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!

家を新しく購入したい人にとって、まず悩むのは土地探しではないでしょうか。
土地探しをする上で、大切な条件として日当たりがあります。
日当たりの良さには方角が大きく関わってきます。
また、土地の方角と道路の関係も重要です。
そこで今回は、日当たりの良い方角の土地と道路との関係を解説します。


□日当たりの良い方角とは

日当たりの良い土地を見極めるために、確認しておきたい点は方角です。
日本は北半球にある国なので、太陽の動きは東から南の空を通って西に沈みます。
そのため、北向きの土地は太陽の光が全く入ってきません。
それでは、南向き、東向き、西向きの土地の中で、どの方向が良いのでしょうか。
以下、その方向に光を遮断するものがない場合の南向き、東向き、西向きの土地の特徴を紹介します。

*南向きの特徴とは

他の方角と違って、朝から夕方にかけて太陽の光を取り入れることができるため、一番日当たりの良い方角です。
そのため、南向きの土地はとても人気があります。
南側に接する部屋だと、太陽が昇っている間は暖かい状態を保てます。
また、南側のベランダに洗濯物を干すと、とても乾きやすくなります。
注意点は、夏は日差しが強くなり室温がかなり高くなるので、熱中症の恐れがあることです。

*東向きの特徴とは

朝昇ってくる太陽の光が入ってくるため、午前中の日当たりが良い方角です。
室内に朝日を取り入れられるので、朝の時間帯を気持ちよく過ごしたい人におすすめです。
また、朝に洗濯をする場合、東側に干すことですぐに乾かせます。
注意点は、夕方になると太陽の光が入ってこなくなるので、室内が暗くなってしまうことです。

*西向きの特徴とは

夕方に沈んでいく太陽の光が入ってくるため、午後の日当たりが良い方角です。
そのため、冬の夜でも室内を暖かく保てます。
注意点は、午前中に太陽の光が入ってこないので冬の朝はとても寒いことです。


□土地に接している道路との関係について

日当たりの方角以外にも、土地に接する道路の方角も重要です。
リビングは日当たりが良い南側に設置することが多いです。
もし土地が南側の道路に接している場合、外からリビングが丸見えになる事態が発生します。
外から見られたくない場合は、北側で道路と接している土地を選びましょう。


□まとめ

日当たりの良い方角の土地と道路との関係を解説しました。
日当たりの良い方角は、上から順番に南向き、東向き、西向きです。
それぞれの特徴を踏まえて土地探しを進めてみてはいかがでしょうか。
また、土地と道路の位置関係も頭に入れておきましょう。
≪ 前へ|中古住宅を購入後にリフォームするときのコツとは?   記事一覧   中古住宅を購入する際の手続きの流れとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る