ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入する際の手続きの流れとは?

中古住宅を購入する際の手続きの流れとは?

≪ 前へ|日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!   記事一覧   中古住宅を購入後にリフォームするには?費用と目安をご紹介します!|次へ ≫

中古住宅を購入する際の手続きの流れとは?

中古住宅を検討中の人で、購入したい住宅が決まった後にどのように手続きをすれば良いのかという悩みを持つことが多いです。
中古住宅の購入手続きでは、新築住宅の場合との違いはあるのでしょうか。
流れを知って、スムーズに手続きを進めたいですよね。
今回は、中古住宅の購入するときの手続きの流れを紹介します。


□中古住宅を購入するときの流れとは

色々な中古住宅を見学したり話を聞いたりして、購入したい住宅が決まったら、売主へ購入申し込みをします。
不動産会社を仲介する場合は、用意された購入申込書に希望の金額や条件を書いて、売主に渡してもらいましょう。
申し込み時点ではまだ契約は結ばれていないので、もし購入を見送りたい場合は、購入を撤回できます。
申し込みが完了したら、次に住宅ローンの事前審査をしましょう。
住宅ローンで支払いをするためには、売買契約を結ぶ前に、金融機関がローンの利用を認めるのかを確認する必要があります。
そして、購入する中古住宅の重要事項説明を受けた後、いよいよ売買契約を結びます。
重要事項説明のときに、購入したい住宅のイメージや条件と合致しているか確認しましょう。
お互いに売買契約書を確認した後、サインや印を押して、頭金と手付金を支払うことで売買契約が結ばれます。
その後、住宅ローンの本申請を行い、審査が通ると金融機関とローンの契約を結びます。
ローンの契約が完了したら、支払いの期日を決めて残りの代金を支払いが行われ、支払いが完了すると住宅の引き渡しが行われます。


□購入する前の注意点について

せっかく中古住宅を買うのだから、失敗はしたくないですよね。
失敗しないためにも、購入前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。
中古住宅は、見た目ではわからない欠陥を持っていることがあるので必ず住宅診断を受けましょう。
また、住宅ローンでの支払いを考えている場合は、購入に必要な費用をあらかじめ計算しておき、自分の予算で購入が可能なのかをチェックしましょう。
他にも、新しい住宅に引っ越しする時期が決まっている場合は、引っ越しがスムーズに行えるように、引っ越し時期から購入時期を逆算しましょう。


□まとめ

今回は、中古住宅の購入するときの手続きの流れを紹介しました。
手続きの流れは、まず購入申し込みとローンの仮審査を行い、その後売買契約やローンの本審査を済ませ、最後に決済と引渡しを行います。
購入前には、住宅診断や購入に必要な費用の計算、引っ越し時期が分かっている場合は購入時期を逆算しておきましょう。
≪ 前へ|日当たりの良い方角の土地を購入するには?道路との関係が重要!   記事一覧   中古住宅を購入後にリフォームするには?費用と目安をご紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る