ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅をリフォームして収納スペースを広げよう!

中古住宅をリフォームして収納スペースを広げよう!

≪ 前へ|中古住宅の築年数は耐震の強度にどう影響する?安心物件の見分け方を解説します!   記事一覧   戸建てを建てるにはどのくらいの広さの土地を購入すればいい?|次へ ≫

中古住宅をリフォームして収納スペースを広げよう!

中古住宅の購入を考えている人にとって、収納スペースの充実さを条件にして住宅探しをしている場合が多いと思います。
しかし、収納スペースが不十分な住宅しか見つからなかった場合はどうすれば良いのでしょうか。
そんなときは、収納リフォームをおすすめします。
今回は、中古住宅の収納リフォームについて紹介します。


□空間をうまく利用した収納リフォームについて

中古住宅を探していると、自分の家族構成に合った収納スペースを備えた住宅がなかなか見つからないことがあります。
そして、いつまでたっても見つからないときは諦めて、収納スペースが不十分な住宅を選ぶ人も多いです。
しかし、収納スペースが足りないと部屋が散らかったり、居住スペースが狭くなったりして不便です。
そこで、空間をうまく利用した収納スペースをリフォームで作りましょう。
家の中を見渡してみると、全く使われていない空間や部屋はないでしょうか。
何も使われていない空間は、新たに収納スペースにすることで有効活用できます。
以下、空間をうまく利用した収納リフォームの例を紹介します。

*小さな空き部屋にウォークインクローゼットを作る

使っていな小さな空き部屋はないでしょうか。
もしある場合は、その空き部屋にウォークインクローゼットを作ることをおすすめします。
ウォークインクローゼットは、クローゼットを1つの部屋で独占している収納のことです。
人が歩いて動けるほどの余裕があるため、収納として使いやすいです。

*屋根裏に収納を作る

屋根裏も普段はあまり使わない空間の1つですよね。
屋根裏は、天井板と屋根の間にある空間なので意外と広いです。
屋根裏に収納を作ることで、屋根裏の広い空間を有効活用できます。
注意点として、重たい荷物の出し入れが大変なことと高いところにあるので荷物の出し入れが少し危ないことです。
安全性を確保したい場合は、手すりを付けましょう。

*床の間をクローゼットにする

築年数が古い住宅の場合、昔は必要だった空間でも現在ではあまり使わない空間があります。
その例として、床の間があります。
床の間は、壁に掛け物をかけたり、床に花や置物を飾ったりする場所です。
もし使わない場合は、もったいない空間ですよね。
そんなときは、床の間の部分だけをクローゼットにしましょう。
比較的手ごろに行える収納リフォームなのでおすすめです。


□収納リフォームの費用はどれくらいか

リフォームをするときに気になるのは、費用ですよね。
一般的に、収納スペースのみの費用の目安は20万円から30万円です。
また、どこの空間を新しく収納スペースにするのかで費用が少し変わってくるので、実際にリフォーム会社と相談して確認してみましょう。


□まとめ

今回は、中古住宅の収納リフォームについて紹介しました。
中古住宅を購入後、収納スペースが足りないと感じたら、使っていない空間を収納スペースにリフォームすることをおすすめします。
≪ 前へ|中古住宅の築年数は耐震の強度にどう影響する?安心物件の見分け方を解説します!   記事一覧   戸建てを建てるにはどのくらいの広さの土地を購入すればいい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る