ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > オール電化の一戸建てに住みたい!把握するべき注意点とは?

オール電化の一戸建てに住みたい!把握するべき注意点とは?

≪ 前へ|中古住宅の購入前に検討しよう!瑕疵保険に入るべき?   記事一覧   一戸建てを購入する前に!人気の間取りをご紹介します!|次へ ≫

オール電化の一戸建てに住みたい!把握するべき注意点とは?

オール電化の一戸建てに住みたいとお考えの方もいらっしゃいますよね。
オール電化住宅のメリットやデメリット、注意点を理解すると、手続きがスムーズです。
今回は、オール電化の一戸建てに住みたい方に向けて、把握しておくべきメリット・デメリット・注意点についてご紹介します。


□オール電化のメリットとは

そもそもオール電化住宅とは何でしょうか。
オール電化住宅とは、調理・給湯・暖房などのすべての熱源を電気でまかなう住宅のことです。
ガスや石油を使用しないので、安全でクリーンな点が最大のメリットと言えるでしょう。
ガス漏れや一酸化炭素の発生を防げるため、高気密化や高断熱化されている住宅に特に向いています。
室内の二酸化炭素濃度が高まることもありません。
火災のリスクが低いため、火災保険が割安になったり、住宅ローンの金利優遇を受けられたりする場合もあります。
また、オール電化住宅ではキッチンのレイアウトに関する制約が基本的に少ないです。
間取りの自由度が高まるのも魅力の1つでしょう。
さらに、ガスに比べて電気は復旧が早く、貯湯タンクがあることで災害時にも使用できます。
ただし、衛生面の問題もあるので、貯湯タンクの水をそのまま飲むのは避けた方が良いです。


□オール電化のデメリットと注意点とは

メリットだけでなく、デメリットも理解しておきましょう。
今回はデメリットを4つご紹介します。

1つ目は初期費用が高くなることです。
オール電化の家電は導入費用が高いため、初期費用は必然的に高くなるでしょう。

2つ目は調理器具に制限がかかることです。
オール電化住宅では火を使用しないため、ガスコンロが使用できません。
基本的にはIHヒーターを使用しますが、IHヒーターではアルミ鍋や土鍋が使用できません。
このように調理器具に制限がかかります。
IH可能と書いてある調理器具のみを購入しましょう。

3つ目は騒音や臭いが発生する可能性があることです。
オール電化住宅ではエコキュートを使用することが多いです。
エコキュートについて、騒音がうるさい・お風呂のお湯から独特の臭いがするという方もいらっしゃいます。
このように見落としがちなデメリットも知っておきましょう。

4つ目は光熱費が高くなることです。
ガスを一切使用しないため、ガスの基本料金と使用料がかかりません。
しかし、最近電気料金が値上がりしているため、電気料金のみに絞ると高くなるかもしれません。


□まとめ

今回は、オール電化の一戸建てに住みたい方に向けて、把握しておくと良いメリット・デメリット・注意点についてご紹介しました。
オール電化の一戸建てではデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。
ぜひ一度検討してみてください。
≪ 前へ|中古住宅の購入前に検討しよう!瑕疵保険に入るべき?   記事一覧   一戸建てを購入する前に!人気の間取りをご紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る