ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての購入を検討中の方へ!断熱性能の注意点とは?

一戸建ての購入を検討中の方へ!断熱性能の注意点とは?

≪ 前へ|周辺の騒音で悩みたくない!一戸建ての防音対策をしよう!   記事一覧   中古住宅を購入する前に!風水は気にするべき?|次へ ≫

一戸建ての購入を検討中の方へ!断熱性能の注意点とは?

断熱方法には3種類あることをご存知でしょうか。
断熱性能は施工の良し悪しで左右されます。
また、断熱材に関して事前にチェックしておくべきポイントもあります。
今回は、断熱方法の種類と断熱材のチェックポイントについて、ご紹介します。


□断熱方法の種類

断熱方法には大きく3種類あります。
1つ目は充填断熱です。
これは、柱と柱の間などの躯体内の空間に断熱材を充填する工法です。
充填断熱のメリットは、ローコストで施工できること・ほとんどの種類の断熱材を使用できることです。
しかし、つなぎ目を避けながら気密・防湿シートを張る必要があるため、施行が難しいというデメリットもあります。

2つ目は外張り断熱です。
これは、柱の外側に断熱材を貼り付ける工法です。
外張り断熱工法は充填断熱に比べて熱の出入りが少ないため、断熱性が高いと言えるでしょう。
しかし、断熱材がかなり厚い・地震対策の工事が必要・壁が厚くなるため狭小地では室内が狭くなるといったデメリットがあるでしょう。

3つ目は付加断熱です。
付加断熱とは充填断熱と外張り断熱の両方を施工する工法です。
付加断熱は断熱材を付加するため、コストが高くなります。
しかし、断熱材が他の工法に比べて厚いため、断熱性能は高いでしょう。

どの断熱方法にもそれぞれメリットとデメリットがあります。
施行会社によっても得意不得意があるため、しっかりと断熱できる方法を選びましょう。


□断熱材のチェックポイントとは

床下の断熱材は、施工途中か施工完了後に床下を覗いて確認しましょう。
しかし、床下に潜るのは大変なので、床下点検口から覗いて目視するのが普通です。
懐中電灯などを使用して照らすとより良いでしょう。

屋根裏の断熱材をチェックする際は、床下と同じように点検口から目視で確認しましょう。
古い住宅であれば点検口がない場合も考えられるので、押し入れの天井材をよけることで点検できるかもしれません。
ただし、屋根裏に自分で上がって確認するのは危険なので避けましょう。
チェックポイントは、断熱材が丁寧に隙間なく敷き詰められているかです。
隙間だらけの場合は断熱材が機能していない場合があるので注意しましょう。


□まとめ

今回は、断熱方法の種類と断熱材のチェックポイントについて、ご紹介しました。
断熱材はこれからの暮らしを支える上でとても重要です。
寒い冬を乗り切るためにも、断熱性能や断熱材には力を入れるべきでしょう。
今回の記事をぜひ参考にしてみてください。
≪ 前へ|周辺の騒音で悩みたくない!一戸建ての防音対策をしよう!   記事一覧   中古住宅を購入する前に!風水は気にするべき?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る