ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の購入を検討中の方へ!頭金なしで購入する場合の注意点について

中古住宅の購入を検討中の方へ!頭金なしで購入する場合の注意点について

≪ 前へ|シロアリで悩みたくない!中古住宅を購入前のポイントをご紹介します!   記事一覧   中古住宅を検討中の方へ!購入するタイミングとは?|次へ ≫

中古住宅の購入を検討中の方へ!頭金なしで購入する場合の注意点について

中古住宅を購入したいと考えている方の中には、頭金なしで買おうとしている方もいらっしゃると思います。
また不動産の広告では、「頭金不要」と記載のある物件をよく見かけますよね。
そこで今回は、頭金なしで物件を購入する際の注意点についてご紹介します。


□頭金なしで本当に中古住宅を買えるの?

一般的に、不動産を購入する際に必要な頭金は全体の20%ほどです。
実際に購入する際は、その金額に手数料が加わるため、およそ30%の金額を準備する必要があるでしょう。
しかし、「頭金は不要」という記載がある物件の場合、初期費用を全く払うことなく中古住宅を購入できます。
頭金なしで購入できる物件には、購入にあたりいくつかのメリットがあります。
例えば、良い物件が頭金なしで見つかった場合、お金が貯まるまで待つことなく購入の手続きができますよね。
もし頭金が必要な物件であれば、お金を準備している間に他の方に先を越されるかもしれません。
頭金なしの中古住宅なら、まず物件を購入してから住宅ローンを返済すればいいのです。
最近は、頭金を支払う必要のない物件も多く市場に出回っています。
好みの物件を探してみましょう。

□頭金を払わないデメリットについて

中古住宅を購入する際、頭金を払わないデメリットとして、返済期間が長期化するということが挙げられます。
頭金を支払わない場合、その分の金額が月々のローンに上乗せされるのです。
そのため、返済金が多くなったり、返済期間が長くなったりするでしょう。
また、返済期間が長期になれば、その分利息が多く発生します。
支払う総額が予想よりも高額になる可能性があるため、しっかりと計画を立てるようにしましょう。
次に、審査が通りづらくなることが挙げられます。
住宅ローンを契約する際は、「返済負担率」という項目をチェックされます。
これは、年収の何割がローンの返済に企てられるかという割合を指し、返済能力を測るために使用されます。
この「返済負担率」があまりにも大きい場合、審査を通過できないかもしれません。
最後に、住宅ローンの金利の優遇が受けられないデメリットがあります。
「フラット25」の場合、頭金が10%以上の契約に対して金利の優遇措置があります。
頭金を支払わない場合、この優遇が受けられないため、支払う金額が多くなります。


□まとめ

頭金を払う必要がないと、購入が簡単になります。
しかし、デメリットもいくつかあるため、必ず確認しましょう。
慎重に検討し、自分に合う方法で中古住宅を購入することをおすすめします。
≪ 前へ|シロアリで悩みたくない!中古住宅を購入前のポイントをご紹介します!   記事一覧   中古住宅を検討中の方へ!購入するタイミングとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る