ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 知っておこう!中古住宅の購入前に準備するものとは?

知っておこう!中古住宅の購入前に準備するものとは?

≪ 前へ|中古住宅を検討中の方へ!購入するタイミングとは?   記事一覧   土地購入の際に事前審査を受けよう!メリットとデメリットを解説します!|次へ ≫

知っておこう!中古住宅の購入前に準備するものとは?

「中古住宅を購入しようと考えている。」
「中古住宅を購入する前に何を準備しておけばいいのだろう。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、このような方に向けて、中古住宅の購入前に準備するものについて紹介します。
中古住宅を購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。


□中古住宅を購入する際の契約前の流れ

契約前の流れとしては、5つの段階があります。

1段階目として、購入するための申し込みをします。
この際には、署名と押印をする必要があります。
判子を忘れないように気をつけましょう。

2段階目として、申し込みの際に契約の条件について売り主と話し合いを進めていきます。
ここでは、瑕疵担保責任があるかや、期間について不動産仲介業者に直接口頭で確認しておくといいでしょう。

3段階目として、住宅診断を行います。
住宅診断を希望する方は、契約前に実施しておくことをおすすめします。
住宅診断では、中古住宅を購入する前に補修する必要がある箇所や今後補修が必要になってきそうな箇所のアドバイスを受けられます。

4段階目として、重要な書類を確認します。
重要事項説明書と売買契約書です。
これら2つの書類は、事前に依頼しておかないと用意してもらえない可能性があります。
余裕を持って依頼するようにしてください。

5段階目として、契約時に必要な分の手付金を準備します。
手付金とは、住宅を購入する際の契約前に1部先払いとして支払うお金のことです。
全額を支払うのは最終的な引渡しのタイミングですが、それまで期間が空きます。
手付金は、取引がキャンセルにならないために支払うのです。
事前に金融機関から出金して用意しておくと、スムーズに進められるでしょう。


□中古住宅を購入する際の契約時に準備するもの

中古住宅を購入する際には、本人確認をするための運転免許証や、契約書に必要な印鑑、住民票を準備しておく必要があります。
この他にも、手付金、印紙代、仲介手数料などのお金も必要でしょう。
契約時に準備するものは、それぞれの契約で変わってくる可能性があるので、必ず不動産会社に確認をとるようにしましょう。


□まとめ

今回は、中古住宅の購入前に準備するものについて紹介しました。
中古住宅の購入前には、準備するものが多くあります。
購入をスムーズに進めるために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
中古住宅の購入を検討中の方は、お気軽に当社にお問い合わせください。 
≪ 前へ|中古住宅を検討中の方へ!購入するタイミングとは?   記事一覧   土地購入の際に事前審査を受けよう!メリットとデメリットを解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る