ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入を検討中の方へ!担保評価額について紹介します!

土地購入を検討中の方へ!担保評価額について紹介します!

≪ 前へ|土地購入をお考えの方必見?ベストなタイミングご紹介します!   記事一覧   土地購入をする際にはフラット35を利用した方がいい?|次へ ≫

土地購入を検討中の方へ!担保評価額について紹介します!

土地購入をお考えの方で、担保評価額について知りたいという方はいらっしゃいませんか。
土地を購入する際に担保評価額という言葉を聞いたけれど、どういう内容かは分からないという方は多いです。
そこで今回は、土地購入をする際の担保評価額についてご紹介します。


□担保評価額とは

住宅ローンを組む際には、担保が用意されます。
担保とは、将来的にローンの返済が滞った場合に備えた保険のようなものです。
ローンが滞った場合に不動産をそのまま担保として提供しても、ローンが帳消しになるわけではありません。
そのため、不動産が担保としてどのくらいの価値があるかをあらかじめ評価しておくのです。
つまり、担保評価額とは、不動産に対する評価金額のことです。

不動産の担保評価額は、金融機関が算定した時価に、金融機関ごとの掛目を掛けて算出します。
担保掛目は住宅ローンの種類により様々ですが、おおむね70パーセント程度に定められています。
そのため、担保となる不動産の価値は相場よりも2~3割安くなります。


□返済を滞納すると担保はどうなるのか


担保は、住宅ローンの返済が滞った際の保険として準備されます。
そのため、住宅ローンの返済が滞った場合には、あらかじめ決められている対処が取られます。
担保は、そのまま不動産会社が買い取るわけではありません。
では、どのような対処がなされるのでしょうか。

住宅ローンを滞納すると、金融機関にとってマイナスになります。
そのため金融機関は、返済の見込みがなければ、担保から利益を回収しようとします。
では、一体どのような方法で回収されるのでしょうか。
ローンを滞納し、返済の見込みがないと考えられると、担保となっている土地と建物が競売にかけられます。
競売とは、担保である不動産を裁判所が差し押さえて、一番高く買ってくれる人に売却するシステムです。
この売却代金が住宅ローンの返済に当てられます。 
担保としておおよそ70パーセントの掛目がかけられているため、競売物件は一般の市場価格より2~3割程度安くなります。

□まとめ

担保とは、住宅ローンが返済できなくなった場合のための保険のようなものでした。
また、担保評価額とは、担保として準備される不動産の価値のことでした。
評価額は一般的な不動産の価格よりも安く設定されているため、持ち主の特にはなりません。
担保が競売にかけられれば、住宅は戻ってきません。
滞納しないように、無理のない住宅ローンを組みましょう。
≪ 前へ|土地購入をお考えの方必見?ベストなタイミングご紹介します!   記事一覧   土地購入をする際にはフラット35を利用した方がいい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る