ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入の抵当権とは?詳しく解説します!

土地購入の抵当権とは?詳しく解説します!

≪ 前へ|土地購入をする方へ!確定申告の必要書類を忘れずに揃えましょう!   記事一覧   トラブルを避けるために土地購入前には境界線を明確にしよう!|次へ ≫

土地購入の抵当権とは?詳しく解説します!

テントウムシだね


抵当権について詳しく知っている方はいらっしゃいますか。
なんとなく知っているが、悪いイメージを持っているという方が多いでしょう。
抵当権についてしっかり理解しておくと、安心して土地購入ができますよね。
そこで今回は、土地購入をする予定の方へ向けて、抵当権について解説します。


□抵当権とは

抵当権とは、ローンを返済できなくなった場合に備えて、金融機関や保証会社が抵当権者になり、不動産を担保に取る権利です。
返済できなくなった場合は、その不動産が没収されるため、あまり良いイメージを持っていないかもしれません。
没収した不動産を売却し、その売却価格を弁済に充てます。
抵当権を設定されている物件を、「抵当物件」と言います。

また、「根抵当権」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
根抵当権の特徴は、以下の通りです。
・当事者間の合意がないと権利が消滅しない
・担保の価値の範囲内なら、何度でも貸し借りできる
ただし、根抵当権は企業が設定することが多く個人が設定することは少ないです。


□契約する前に抹消する手続きをしよう

やはり気になるのは、抵当権が設定されている不動産を購入できるかどうかですよね。
結論から言うと、抵当権が設定されている不動産でも購入できます。
しかし、1つ注意することがあります。
それは、金融機関や保証会社が抵当権を実行すると、所有権がなくなる可能性があることです。
「所有権を持っていても、没収されるの?」とお考えの方がいらっしゃるかもしれません。
実際に所有権を持っていても、抵当権を実行されると没収されることが多いのです。

しかし、抵当権が設定されている土地を購入しても、没収されない方法があります。
それは、契約する前に抵当権を抹消する手続きを行うことです。

抹消する手続きを行うためにはまず、抵当権を実行できる金融機関や保証会社と、ローンの返済期間や返済方法について確認しましょう。
その後、売主が現金を用意でき、返済できる場合は返済して、抹消してから契約します。
一方で、売主が現金を用意できない場合は、同時抹消という方法を行います。
同時抹消とは、同じ日に買主が支払う現金でローンを返済し、抵当権を抹消してから所有権移転登記をすることです。


□まとめ

今回は、土地購入をする予定の方へ向けて、抵当権について、解説しました。
本記事を参考に、抵当権について理解していただければ幸いです。
また、上記の通り、売買契約をする前には抵当権を抹消することを忘れないようにしましょう。
≪ 前へ|土地購入をする方へ!確定申告の必要書類を忘れずに揃えましょう!   記事一覧   トラブルを避けるために土地購入前には境界線を明確にしよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る