ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > トラブルを避けるために土地購入前には境界線を明確にしよう!

トラブルを避けるために土地購入前には境界線を明確にしよう!

≪ 前へ|土地購入の抵当権とは?詳しく解説します!   記事一覧   土地探し中の方必見!液状化現象を防ぐ方法を紹介します!|次へ ≫

トラブルを避けるために土地購入前には境界線を明確にしよう!

はっきりせい


土地を購入したことがある方は少ないと思います。
実は、土地を売買する際、境界線についてトラブルが起こる可能性があります。
しかし、土地の境界線について知っている方は少ないでしょう。
そこで今回は、土地購入をする方へ向けて、境界線を明確にする方法を解説します。


□境界標の有無を確認しよう

境界標とは、境界の点や線の位置を表すための標識です。
トラブルになる原因は、主に以下の2つです。
・境界標がない
・位置が正しくない

上記のトラブルを防ぐためにも、契約する前に境界標を確認しましょう。
境界標は土地の四隅に打ち込まれていることが多いです。
境界標を見つけるには、四隅の土を掘り返すしかありません。
しかし、境界標が見つかったとしても、正しい位置になければ、トラブルを確実に防ぐことは難しいです。
正しい位置にない原因は、人為的なミスや地震や洪水などの災害です。

上記では境界標の有無を確認することを解説しました。
ただし、境界標がない可能性もあります。
そのような場合の対処法を以下で解説します。


□境界標がなく、境界線が分からない場合の対処法とは

境界標がなく、境界線分からない場合の対処法を2つ解説します。

1つ目は、測量図を確認することです。
境界標はなくても復元できます。
しかし、復元するにはしっかりした根拠を示さなければいけません。
その根拠となるのが、「地積測量図」や「確定測量図」です。

地積測量図とは、土地に関することを法務局に申請する際に提出する図です。
もし法務局にこの図が保存されている場合は、復元するための根拠になる可能性が高いです。
なぜならこの図は、所有者の立ち会いのもと、資格を持っている方が境界線を復元するために作成するものだからです。

2つ目は、「筆界(ひっかい)特定制度」を利用することです。
これは、法務局の方が境界を特定する制度です。
この制度を利用すると、公的に境界線を明確にできるため、トラブルを防げる可能性が高いです。
ただし、境界標を設置しないということは覚えておきましょう。
また、民間の業者に依頼するよりも、費用が安くすむことがあります。
もしこの制度を利用しようと考えている方がいらっしゃれば、法務局や市役所に1度問い合わせてみてはいかがでしょうか。


□まとめ

今回は、土地購入をする方へ向けて、境界線を明確にする方法を解説しました。
上記の通り、土地を購入する前に明確にしないと、トラブルが発生する可能性があります。
境界線についてのトラブルを防ぐために、この記事を参考にしてみてくださいね。
≪ 前へ|土地購入の抵当権とは?詳しく解説します!   記事一覧   土地探し中の方必見!液状化現象を防ぐ方法を紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る