ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 災害に備えよう!土地探しで大切なハザードマップをご紹介します!

災害に備えよう!土地探しで大切なハザードマップをご紹介します!

≪ 前へ|土地探しで注意しよう!土地に水たまりができる要因とは?   記事一覧   土地探しでお迷いの方へ!どんな準備をしておけばいい?|次へ ≫

災害に備えよう!土地探しで大切なハザードマップをご紹介します!

ハザード


土地探しをする際に、災害に対してしっかりと対策を練ることはかなり重要です。
災害に備えるためには、ハザードマップが有効であることをご存知の方は多いでしょう。
しかし、ハザードマップでどのようなことを確認できるのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
今回はハザードマップについて解説します。


□ハザードマップで地図化される災害について

ハザードマップとは、災害が起こる可能性が高い予測範囲を地図上に示したもののことを言います。
ハザードマップを確認すれば、災害が起きた時にどのような影響を受けるのかあらかじめ把握できます。

ハザードマップでは、具体的にどのような災害が地図化されているのか知っておきましょう。
地図化される主な災害は、大きく分けて5つあります。

1つ目は、河川浸水洪水です。
これは、河川の氾濫や水害が起こった場合にどれくらい浸水被害を受けるのか示しています。

2つ目は、土砂災害です。
山などが近い地域では、土砂崩れなどが起こります。
土砂崩れが起こった際にどの範囲まで被害が及ぶのかを示しているのが、こちらであることを理解しておきましょう。

3つ目は、地震災害です。
日本は頻繁に地震が起こる国なので、特に重要な情報であると言えるでしょう。
これにより、液状化現象や火災被害が及ぶ範囲を把握できます。

4つ目は、火災です。
これは、火口が出現する可能性がある地域や、活火山が近い地域で役に立つでしょう。

5つ目は、津波浸水・高潮マップであり、浸水の可能性がある地域について地図化されています。


□土地購入前にハザードマップを活用するメリット

ハザードマップを活用すれば、様々な情報を手に入れられます。
土地を購入する前には、ハザードマップで地域の特徴を把握しておきましょう。

土地によって、災害が起こった際にどれくらいの被害を受けるのかは大きく異なります。
ハザードマップは、それを視覚化しているので、被害をなるべく抑えられる土地を選べるでしょう。

また、ハザードマップを活用して実際に現地を確認することで、より理想的な土地を見つけられるでしょう。


□まとめ

ハザードマップで確認できる災害について理解していただけたでしょうか。
効果的に活用することで、あらかじめ災害に対応できるはずです。
土地探しの際に活用すれば、どのような災害が起こる可能性があるのか把握できるでしょう。
今回の記事を参考に、ハザードマップを活用してみてはいかがでしょうか。
≪ 前へ|土地探しで注意しよう!土地に水たまりができる要因とは?   記事一覧   土地探しでお迷いの方へ!どんな準備をしておけばいい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る