ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地探しで強い地盤を見つけよう!強さの見分け方とは?

土地探しで強い地盤を見つけよう!強さの見分け方とは?

≪ 前へ|土地探しでお迷いの方へ!どんな準備をしておけばいい?   記事一覧   土地探し中の方必見!建ぺい率で住宅の広さが左右されます!|次へ ≫

土地探しで強い地盤を見つけよう!強さの見分け方とは?

100人乗っても


土地探しをしている方で、地盤が強い土地を見つけたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
地盤が悪い土地を購入した場合、様々なデメリットがあるので大変な思いをすることになるかもしれません。
そこで今回は、地盤の強い土地の見分け方について解説します。


□地盤が悪い土地を購入した場合

立地や周辺環境だけで土地を選んでいませんか。
土地を選ぶ際は、地盤についてもよく考える必要があります。
地盤が悪い土地を購入することによるデメリットは多いです。
まず、地盤が悪い土地を購入した場合のデメリットについて解説します。

*土地価格が高くなる可能性が高い

地盤が悪いと、土地にかかる費用が高くなる可能性があることはご存知でしたか。
地盤が悪い土地に住宅を建てる場合、地盤を改良する必要があります。
地盤を改良しないと、正確かつ安全に住宅を建てられないからです。
ただし、地盤改良の必要性は、建てる住宅の性質や、改良する必要がある面積によって変わります。

*災害が起きた時に大変

地盤が悪い土地を改良して住宅を建てた場合でも、災害への耐性は弱いです。
そのため、地震や津波が来た場合に住むのが困難になる場合もあります。

上記から分かる通り、地盤の悪い土地を選ぶメリットはほとんどないと言っても良いでしょう。


□地盤が悪い土地と強い土地を見分ける方法とは

地盤の悪い土地に住むデメリットについて解説しました。
地盤の強い土地を選びたいと思った方も多くいらっしゃるでしょう。
しかし、地盤の悪い土地と強い土地を見分ける具体的な方法を知っている方は少ないのではないでしょうか。
そこで、地盤が悪い土地と強い土地を見分ける方法を紹介します。

水が集まりやすい地形は、地盤が悪い傾向にあります。
具体的には、池や湖、田んぼを埋め立てた地域が該当します。
これらの地域は地盤が悪いことが多く、液状化現象が起こることもあります。

また、傾斜地の盛土も軟弱地盤の可能性が高くなっています。

上記の見極め方を知っても、実際に判断するとなると難しいと考えている方は多くいらっしゃいますよね。
不安な方は、プロに判断を任せることもかなり重要です。
プロは多くの現場を見てきているので、土地の状況を正確に判断してくれるでしょう。


□まとめ

土地探しをする際、可能な限り地盤が強い土地を選びたいと思った方は多いでしょう。
今回の記事を参考に、地盤が悪い土地と強い土地を見分けてください。
そうすれば、きっと満足いく土地を選べるでしょう。
≪ 前へ|土地探しでお迷いの方へ!どんな準備をしておけばいい?   記事一覧   土地探し中の方必見!建ぺい率で住宅の広さが左右されます!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る