ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地探し中の方必見!建ぺい率で住宅の広さが左右されます!

土地探し中の方必見!建ぺい率で住宅の広さが左右されます!

≪ 前へ|土地探しで強い地盤を見つけよう!強さの見分け方とは?   記事一覧   土地探しでの注意点!ゴミ置場はどこにあるか確認しましょう!|次へ ≫

土地探し中の方必見!建ぺい率で住宅の広さが左右されます!

左右どっち


「土地探しをしている際に、建ぺい率という言葉をよく目にする。」
「建ぺい率って何を示しているのかな。」
建ぺい率という言葉は知っていても、実際にどのような意味があるのか知らない方は多いのではないでしょうか。
土地探しをする際は、建ぺい率に関する知識を持っておく必要があります。


□建ぺい率によって目的通りに土地を利用できない場合がある

建ぺい率とは、土地の面積に対して、実際に建物を建てても良い面積の割合のことを言います。
分かりにくい方もいらっしゃると思うので、例をご紹介します。

例えば、100平方メートルの土地があったとして、建ぺい率が80パーセントであれば、80平方メートルの土地に建物を建てられます。
50パーセントの場合は、50平方メートルの土地にしか建てられません。

これにより、建ぺい率によっては目的通りに土地を利用できない場合があります。
これを回避するためには、しっかりと建ぺい率について理解しておく必要があるでしょう。


□建ぺい率や容積率は上限まで使用できない場合がある

建ぺい率と似た言葉で、容積率という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
容積率とは、建物の延べ床面積が土地の面積のどれくらいまで可能かという割合を表しています。

住宅を建てる際は、建ぺい率と容積率、両方とも守らなくてはなりません。
この時、上限を守れば良いという考えは誤りです。
建ぺい率や容積率が上限まで使えない場合があるからです。

また、土地の使い方に関しては、この2つに加えて道路斜線、隣地斜線、北側斜線などをはじめとする高さ制限があります。
これらの高さ制限は、建ぺい率と容積率よりも優先的に守らなくてはなりません。
そのため、土地を選ぶ際は、これらを守れているかどうかをあらかじめ確認しておく必要があります。

目的通りに建物を建てられなかったり、定められている条件を満たしていても建物によっては建てられなかったりと、よく分からないと感じている方もいらっしゃるでしょう。
そのような場合は、専門家に相談することをおすすめします。
専門家は様々なケースを経験しているので、安心して任せられます。


□まとめ

建ぺい率について詳しく理解していただけたでしょうか。
建ぺい率が低い土地を購入した場合、目的通りに土地を利用できない場合があるので注意する必要があります。
また、建ぺい率や容積率は上限まで使えるとは限らないので、土地を購入する際はよく下調べしておきましょう。
≪ 前へ|土地探しで強い地盤を見つけよう!強さの見分け方とは?   記事一覧   土地探しでの注意点!ゴミ置場はどこにあるか確認しましょう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る