ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てで意見が合わない!購入の際の意見の合わせ方とは?

一戸建てで意見が合わない!購入の際の意見の合わせ方とは?

≪ 前へ|不動産を購入する際に知っておくべきことを紹介!   記事一覧   一戸建てのにおいに注意!中古住宅でチェックするべき点|次へ ≫

一戸建てで意見が合わない!購入の際の意見の合わせ方とは?

喧嘩両成敗bye


一戸建ての購入をお考えの方で、家族との意見の対立でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
一戸建てには、人によって叶えたい夢が多くあります。
しかし、中古住宅の場合希望通りの住宅はなかなか多くありませんし、新築でも希望を全て詰め込むと資金が足りなくなってしまいます。
その場合は、どうすれば良いのでしょうか。


□夫婦で意見が異なる場合がある

一戸建てを購入する際に、意見が対立する場合の多くは、夫婦で意見が対立するパターンです。
夫婦は年齢や性別が異なることが多いです。
そのため、これから長い期間暮らすであろう住まいを探すにあたっての意見が対立してしまいます。
どのような対立があるのでしょうか。

わかりやすい例では、キッチンに重点をおきたいのか、ガレージに力を入れたいのかなどの設備面の対立です。
これらの対立は、主に資金の範囲内での資源が原因です。
このように、設備の対立はわかりやすいですが、この他にも意見が対立する場合があります。
意見が対立するのは、どのような場合なのでしょうか。

まずは、そもそも欲しいタイミングが異なる場合です。
一方が、いずれ住宅を購入するつもりだけれどまだ少し早いと思っているという場合、もう一方が今すぐ買いたいと考えていると、対立してしまいます。
どうしていつ住宅が買いたいのかを話し合いましょう。

また、住みたいエリアが異なる場合もあります。
仕事場への通勤のしやすさを重視するか、子育てがしやすいエリアを選ぶかなどで異なります。
どちらの意見がどこまで許容できるかを探りながら、意見を合わせていきましょう。


□一戸建ての意見の合わせ方

一戸建てを購入する際には様々な意見の対立があります。
しかし、意見が対立したままでは、家を建てられません。
では、どのように意見を合わせればいいのでしょうか。
意見の合わせ方の例を紹介します。

一言で意見と言っても、その思いの強さにはばらつきがあります。
どうしても譲れない意見、できれば通って欲しい意見、実は重視していない意見などさまざまです。
このように、意見には強さがさまざまであることを把握し、意見が対立する人同士で、許容できる範囲をすり合わせましょう。


□まとめ

一戸建てを購入する場合、さまざまな希望があります。
日々の生活のしやすさに直結する希望や、趣味がしやすくなるための希望などさまざまです。
通してはいけない意見などはありませんが、決断する人が複数人いる場合には必ず意見のすり合わせが必要です。
よく話し合って意見を合わせましょう。
≪ 前へ|不動産を購入する際に知っておくべきことを紹介!   記事一覧   一戸建てのにおいに注意!中古住宅でチェックするべき点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る