ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の名義を夫婦で共同名義にする場合について解説

不動産の名義を夫婦で共同名義にする場合について解説

≪ 前へ|一戸建てのにおいに注意!中古住宅でチェックするべき点   記事一覧   中古の不動産で気になる!リフォームとリノベーションの違いについて!|次へ ≫

不動産の名義を夫婦で共同名義にする場合について解説

今は共同名義


不動産を夫婦で購入しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産は価格の大きな買い物なため、1人では買えないという場合もあります。
その場合、夫婦で購入するという選択肢があります。
今回は、夫婦で不動産を購入する場合、誰の不動産になるのかを解説します。


□単独名義と共有名義

複数人で不動産を購入した場合、名義は複数人になるのでしょうか、それとも誰か1人になるのでしょうか。
細かい点ですが、大切なことなので確認しておきましょう。

不動産の名義の登記には、単独名義と共有名義の2つの方式があります。
単独名義とは、1人の名義で登記をすることです。
一般的にはこちらの方式が用いられるため、こちらしか知らないという方も多いのでは無いでしょうか。
もちろんこの場合には、不動産の購入者が名義人となります。

では、共有名義とはどのようなものなのでしょうか。
例えば、夫婦や兄弟、企業仲間などでの不動産購入の際に用いられます。
出資した人全員に名義人の権利が与えられますが、それぞれが出資した額に応じて、権利が与えられます。


□夫婦で不動産を購入した場合

夫婦で不動産を購入する場合、名義はどうすればいいでしょうか。
家族なのだから、どちらがいくら出そうが名義は1人でいいのでは無いかとお考えの方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。
しかし、名義は不動産を購入するにあたって費用を出資した人すべての名前を登記しなくてはいけません。
なぜ1人の名義ではいけないのでしょうか。

例えば、夫婦で3000万円の不動産を購入した場合で考えてみます。
夫婦それぞれ1500万円ずつ出資したと仮定します。
しかし、夫婦は同一の家計で暮らしているため、名義は夫の名前でいいと考え、単独名義を選んだとします。
この場合はどうなるのでしょうか。

こうした場合、余分な税金がかかる場合があります。
不動産は資産の一部に入ります。
そのため、お金で不動産を買うという行為はお金を不動産という資産と交換しているということになります。

そのため、お金は出資したけれど、不動産の名義は手に入れられないとなれば、資産をもう一方に譲渡したという形になります。
こうした場合、資産の譲渡とみなされ、譲渡税がかかる場合があります。


□まとめ

不動産の名義の方式にはそれぞれに特徴がありました。
間違えてしまうと、余分な税金を払う必要が出てきてしまいます。
余分な税金がかからないよう、事前に確認しておきましょう。
≪ 前へ|一戸建てのにおいに注意!中古住宅でチェックするべき点   記事一覧   中古の不動産で気になる!リフォームとリノベーションの違いについて!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る