ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古の不動産で気になる!リフォームとリノベーションの違いについて!

中古の不動産で気になる!リフォームとリノベーションの違いについて!

≪ 前へ|不動産の名義を夫婦で共同名義にする場合について解説   記事一覧   不動産を購入の方必見!中古住宅で気になるメンテナンスについて解説|次へ ≫

中古の不動産で気になる!リフォームとリノベーションの違いについて!

どっちでもいいね


中古住宅を購入する方で、リノベーションを行うことを検討している方はいらっしゃいませんか。
中古住宅はそのままでは住みにくいため、リフォームやリノベーションを行うという方は多いです。
しかし、リフォームとリノベーションの違いはどのようなものなのでしょうか。
それぞれの違いについて解説します。


□リフォームとリノベーションの違い

中古住宅を購入する際にリフォームやリノベーションといった言葉を聞く方は多いです。
しかし、それらの違いについて理解しているという方は少ないです。
これらにはどのような違いがあるのか確認しておきましょう。

実はリフォームとリノベーションには明確な線引きはありません。
では、一般的にどのように使い分けられているのでしょうか。
一般的にリフォームとは、設備交換や内装の張り替え、増築を含む大規模な工事まで、広い範囲の工事を指します。
それに比べてリノベーションは、狭い範囲の工事を指す場合が多いです。
リノベーションといった際に想像されるのは、一般的にスケルトンリフォームのことです。
スケルトンリフォームとはどういったものなのでしょうか。

スケルトンリフォームとは、住宅を骨組みまで分解して、そこに新しい住宅を作ることを指します。
そのためスケルトンリフォームは、中古住宅の原型を留めない大規模な工事です。
一部を修復するのであればリフォーム、全体を改築するのであればリノベーションといったイメージです。


□リノベーションの費用相場はどのくらいかかるのか

大規模な工事であるリノベーションですが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。
気になる費用の相場を確認しておきましょう。

一戸建てのスケルトンリフォームの費用相場は、約600万~1850万円程度です。
この費用の内訳はどのようになっているのか詳しく確認しておきましょう。

リノベーションの場合、骨組みまで住宅を分解する必要があります。
そのため、撤去費が必要になるでしょう。
また、骨組みは傷んでいる場合があるため、補強工事費がかかります。
そしてこれらに設備の費用や工事費用が加算されます。


□まとめ

今回は、リフォームとリノベーションの違いを解説しました。
それぞれの違いは、工事の規模の点にありました。
リノベーションは、住宅の見た目や機能を丸ごと変えてしまう大規模な工事でした。
そのため、さまざまな希望が叶えられる工事です。
費用の相場なども確認してリノベーションを検討しておきましょう。
≪ 前へ|不動産の名義を夫婦で共同名義にする場合について解説   記事一覧   不動産を購入の方必見!中古住宅で気になるメンテナンスについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る