ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入で節約はできる?詳しく解説します!

不動産購入で節約はできる?詳しく解説します!

≪ 前へ|不動産購入でお悩みの方へ!一戸建てとマンションはどちらがおすすめ?   記事一覧   老後のことも考えたローンを組みたい!50代からの不動産購入|次へ ≫

不動産購入で節約はできる?詳しく解説します!

節約できるかな


不動産の購入で、少しでも費用を抑えたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産購入にかかる費用のうち、節約できるところは節約したいですよね。
少しでも費用は抑えたいと思っても、どこで節約すれば良いのかがわからない方が多いと思います。
そこで今回は、不動産の購入費用の節約について紹介します。


□不動産の購入にかかる費用の一つである諸費用

不動産を購入する際には、不動産の本体代や土地代以外に、諸費用という費用がかかります。
諸費用とはどのようなものなのでしょうか。
その内訳を確認しておきましょう。

諸費用とは住宅を購入する際にかかる、不動産の本体代や、土地代以外にかかる費用です。
この費用は一般的にローンの金額に組み込めず、不動産の契約時に現金で用意しなければいけません。
具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

不動産を購入する際の諸費用には、収入印紙、仲介手数料、登記費用、ローン保証料、ローン事務手数料、収入印紙代、ローン代行手数料、火災保険料、固定資産税と都市計画税の精算金などがあります。
諸費用の中には、節約できるものがいくつかあります。
どの項目が節約しやすいのでしょうか。
この中でも、費用が抑えやすい項目について解説します。


□節約できる費用

まずは、仲介手数料です。
仲介手数料は、不動産を売買する際に不動産会社に仲介してもらう場合にかかる費用です。
仲介手数料の価格は、上限のも法律で定められており、それ以外は定められていません。
そのため、不動産会社によっては上限ギリギリの場合や、安く済ませられる場合があります。

また、ローン代行手数料も節約の可能な諸費用の一つです。
不動産を購入する際には、ローンを組むという方が多いです。
そのローンの手続きを、不動産会社が代行してくれる場合があり、その際に手続き代行の手数料がかかる場合があります。
この費用はどのように節約できるのでしょうか。
ローン代行手数料は、不動産会社によっては価格に幅があり、無料である場合もあります。
そのため、ローン代行手数料のかからない不動産会社を選べば、節約が可能です。


□まとめ

不動産を購入する際には、できるだけ費用を抑えたいとお考えの方は多いです。
不動産を購入する際に節約できる項目に、仲介手数料がありました。
しかし、手数料は安ければいいというわけではありません。
安くてもサービスが悪くては意味がありません。
適切な不動産会社に仲介を依頼しましょう。
≪ 前へ|不動産購入でお悩みの方へ!一戸建てとマンションはどちらがおすすめ?   記事一覧   老後のことも考えたローンを組みたい!50代からの不動産購入|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る