ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 老後のことも考えたローンを組みたい!50代からの不動産購入

老後のことも考えたローンを組みたい!50代からの不動産購入

≪ 前へ|不動産購入で節約はできる?詳しく解説します!   記事一覧   バリアフリーが充実した一戸建てに住みたい方必見!リフォームのポイントとは?|次へ ≫

老後のことも考えたローンを組みたい!50代からの不動産購入

老夫婦歩く


不動産を購入したいけれど、ローンを組むのは老後のことを考えると不安という方はいらっしゃいませんか。
退職後は、収入が減るため、ローンを組むのは不安という方は多いです。
また、そもそもローンが組めるのかといった疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。
老後も考えた住宅ローンについて紹介します。


□50代でもローンは組めるのか

定年が近く、年金生活が近くなってくるとローンが組めるのかが心配になります。
特に50代の方には、これから住宅を購入したいけれど、老後が不安という方が多いです。
50代からでもローンは組めるのでしょうか。
結論から言うと、ローンは組めます。

ローンを借りる際には、審査があります。
審査では主に、物的要件と人的要件という2つの側面を見られますが、年齢の項目はこの中の人的要件にあります。
どのような条件でしょうか。
金融機関で基準はさまざまですが、50代の方であれば完済時の年齢が審査で確認され、完済時に80歳未満などの条件がある場合が多いです。
また、借り入れ時の年齢も考慮されることもあり、こちらは65歳未満などが条件とされます。

完済の期限を考慮すると、一般的なローンの返済期間の35年よりも短い期間での返済が求められる場合が多いです。
そのため、月々の返済金額が高額になる場合もあるでしょう。


□老後のことを考えたローンについて

老後のローン返済では、いくつか考えるべき点があります。
それぞれ確認しておきましょう。

*退職金で完済する計画を立てない

50代で住宅ローンを組む方の中には、退職金でローンを完済するという予定を立てる方もいらっしゃいます。
しかし、そのような計画は危険なので避けましょう。
なぜなら、予定通りに退職金が入ってくるとは限らないからです。
退職金を当てにして計画を立てると、退職金の額や時期がずれるとうまく返済できません。
また、老後になった時の健康リスクのための貯蓄も無くなることになり、大変危険です。

*借りられるかよりも返せるかに注意

これまで、50代でもローンが借りられるかを確認してきました。
しかし、大切なのは借りられるかよりも返せるかということです。
老後の資金計画を見直して、返せるローンを借りましょう。


□まとめ

不動産を購入するためのローンは、50代でも借りられます。
しかし、ローンの人的要員の条件や、老後の収入の減少などに注意しなければいけません。
ローンは返せなければ不動産を失い、場合によっては借金を背負ってしまいます。
余裕のある資金計画を立てましょう。
≪ 前へ|不動産購入で節約はできる?詳しく解説します!   記事一覧   バリアフリーが充実した一戸建てに住みたい方必見!リフォームのポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る