ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 貯金はどれくらい必要?不動産を購入する際の頭金について

貯金はどれくらい必要?不動産を購入する際の頭金について

≪ 前へ|バリアフリーが充実した一戸建てに住みたい方必見!リフォームのポイントとは?   記事一覧   不動産を購入する際にかかる期間について詳しく教えます!|次へ ≫

貯金はどれくらい必要?不動産を購入する際の頭金について

お金とカードと計算機


不動産を購入する際に、貯金がどれくらい必要か気になっている方はいらっしゃいませんか。
中古住宅などの不動産を購入する際には、ローンを組んで購入する方が多いです。
しかし、ローンを組む際にも、一部は頭金として先払いする場合があります。
中古住宅を購入する際に、貯金はどのくらい必要なのでしょうか。


□中古住宅を購入する際の頭金

不動産を購入する際には、ローンを組んで購入する場合が多いです。
しかし、購入代金の一部を頭金として現金で支払うということが多いです。
この頭金はどのくらいなのでしょうか。
そもそも、どうして一部を現金で支払うのでしょうか。

不動産を購入する際には、家の代金の他に、諸費用がかかります。
諸費用の内訳は、手付金や仲介料金、登記費用に印紙税、ローン手数料や各種保険代などで、これらの諸費用はローンの一部に加えられないことが多いです。
そのため、これらの諸費用を支払うために、現金が必要です。
最近では頭金がなくてもローンに諸費用が組み込めることもありますが、余裕があるのであれば、頭金を用意しておきましょう。

不動産を購入する際の頭金の相場は、物件価格の10~20%程度です。
中古住宅の場合、頭金の相場は10%くらいが目安で、金額としては200万円程度です。


□貯金の全てを頭金として使ってはいけない

住宅ローンには、返済する時に利子を上乗せして返済を行います。
そのため、今持っている貯金は全てを頭金として利用してしまった方がお得なのではないかと思う方は多いです。
しかし、貯金を全てを頭金として使用してしまうのはとても危険です。
どうして危険なのかを確認しておきましょう。

万一に備えての貯金は大切ですよね。
病気や休職、当面の生活費などは確保しておくべきです。
もちろんこれらの貯金は日頃から大切ですが、不動産を購入した後の貯金は、それ以上に大切と言えます。
これらの貯金を、生活予備費と言います。

生活予備費はどのくらいあればいいのでしょうか。
生活予備費は、普段の生活費の3~6ヶ月分程度が妥当です。
ローンの返済も始まるため、それもおりこんで計算しましょう。


□まとめ

中古住宅を購入する際の頭金は、住宅にかかる費用の10%程度でした。
しかし、万一に備えて生活予備費は残しておきたいです。
そのため、貯金から生活予備費を引いた金額が頭金に使える金額です。
もし頭金に使える貯金が少ない場合でも、最近では頭金がなくても入れるローンがありますので、そちらも検討してみてください。
≪ 前へ|バリアフリーが充実した一戸建てに住みたい方必見!リフォームのポイントとは?   記事一覧   不動産を購入する際にかかる期間について詳しく教えます!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る